日々の暮らしの雑感を書き留めておこうと思います。


by c-nkns
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:未分類( 17 )

ジンジソウの谷

石灰岩の岩壁が続く細い林道沿いには様々な秋の野草が
点々と咲いている。深い谷に陽がさすのはわずかな時間かもしれない。
ジンジソウは朝陽があたる東側の岩肌にびっしりと張り付くように2枚の花弁が揺れながら
どこまでも続くかと思えば峠の曲がり角でプツリと姿を消す。
その向こうは西日の当たる下り坂。
c0194161_21492845.jpg

c0194161_21492542.jpg

c0194161_21490338.jpg

c0194161_21485907.jpg

c0194161_21491191.jpg

c0194161_21491740.jpg

c0194161_21491903.jpg




[PR]
by c-nkns | 2018-10-15 21:59 | Comments(2)

ウスギヨウラク

まだ咲き始めで蕾もいいけれど開花してもこの程度
ツツジ科の花は皆おちょぼ口でかわいらしい。

c0194161_20361884.jpg


c0194161_20413180.jpg




アカモノ
c0194161_20363371.jpg


c0194161_20362469.jpg



c0194161_20362935.jpg


[PR]
by c-nkns | 2018-06-09 20:41 | Comments(0)
冠山のユキザサは道案内をするかのように登山道に沿って延々と咲いています。
c0194161_23052479.jpg


c0194161_23045638.jpg


c0194161_23043712.jpg


[PR]
by c-nkns | 2018-06-08 23:07 | Comments(0)

スミレ2種


スミレの同定は難しい
フモトスミレ・・と思い込んでいたけれど低地に咲くフモトスミレとはなんとなく
違うような気がします。関東以西の亜高山に自生するフモトスミレの亜種ということで
ヒメミヤマスミレということで。この時期にまだスミレに出会えたことが嬉しかったです。
c0194161_20342251.jpg


c0194161_20535190.jpg



ニョイスミレ

c0194161_20341462.jpg


c0194161_21003000.jpg



c0194161_20340304.jpg


[PR]
by c-nkns | 2018-06-06 21:03 | Comments(0)

6月の伊吹山3



オドリコドウは大好きな野草です。
平地でも見慣れた野草でありふれてはいますが標高1300mの伊吹山で咲くオドリコソウは
ひときわ美しく気高く感じられます。ピンクは色濃く白は輝くような純白でこの季節は西登山道の
琵琶湖展望ピークからすそ野の米原市から長浜市、彦根市、琵琶湖などをオドリコソウと一緒に眺めるのが
伊吹山での楽しみとなっています。



c0194161_22095995.jpg




c0194161_22062805.jpg


c0194161_22084688.jpg


c0194161_22055357.jpg






[PR]
by c-nkns | 2017-06-24 22:11 | Comments(0)

6月の伊吹山2

樹木の花も魅力的です。

菩提樹の仲間 シナノキ


c0194161_15404787.jpg


ゴマギ 葉に触れるとゴマの香りがします。
c0194161_15403780.jpg

東登山道ではニッコウキスゲが復活

c0194161_15403087.jpg



ヒヨクソウは全山に
c0194161_15401595.jpg
 
ヒメフウロ

c0194161_15385098.jpg

カマツカ
                             
c0194161_15382641.jpg



イブキノエンドウ 今が見頃です。
c0194161_15382259.jpg

岩の隙間が大好きなヒメレンゲ

c0194161_15380810.jpg


カノコソウがたくさん咲き始めました。

c0194161_15374283.jpg


c0194161_15374603.jpg



[PR]
by c-nkns | 2017-06-22 15:50 | Comments(0)

トウゴクサバノオ

初めて見たのは藤原岳
ポツリと一株だけ、小さな小さな花でした。
写真で名前は知っていたけれど初めての出会いで忘れられない花になり
毎年訪ね歩くようになりました。
時に群生し絨毯のように咲くこともあり小さいながらたくましさも見せてくれます。
トウゴクサバノオ
インパクト強すぎて覚えやすいけれどもっと可愛おい名前でも
良かったのではないかと勝手に思ったりします。

c0194161_22213343.jpg


今年も逢えてよかった(^^)


c0194161_22212974.jpg


c0194161_22212516.jpg


c0194161_22212196.jpg




[PR]
by c-nkns | 2017-04-26 22:23 | Comments(0)

観察会下見(4月2日)

昨日9日は所属する「伊吹山もりびとの会」の観察会でした。

今回は案内を担当したので撮影はできません。

画像は全て1週間前の下見の時のものです。


イワナシ

c0194161_21390294.jpg

レンプクソウ

c0194161_21385749.jpg

ヤブコウジ

c0194161_21385166.jpg


コスミレ

c0194161_21384575.jpg


アマナ

c0194161_21383935.jpg


オオイヌノフグリ

c0194161_21382120.jpg


シュンラン

c0194161_21374356.jpg


フキノトウ

c0194161_21375707.jpg


キブシ

c0194161_21380193.jpg





[PR]
by c-nkns | 2017-04-10 21:46 | Comments(2)

まだ咲いてた

徳山ダムのクルーズと旧徳山村の林道を歩くツアーに初めて参加しました。
ダムに沈まなかった最奥の集落門丹生までの林道8キロの往復はお昼食以外は
ほとんど歩き通しのハードな行程でしたがダム湖からの紅葉や林道からの景色
山裾の秋の花も見られたという盛だくさんの一日でした。
ダムができてからは人が入らない手つかずの自然がそのまま息づいていて
11月というのに思いがけなくたくさんの秋の野草に逢えました。
c0194161_21424535.jpg
c0194161_21422680.jpg
c0194161_21423031.jpg
c0194161_21421284.jpg
c0194161_21411150.jpg
c0194161_21420508.jpg

c0194161_21431624.jpg
c0194161_21430898.jpg
c0194161_21404893.jpg
c0194161_21403680.jpg


[PR]
by c-nkns | 2016-11-05 21:45 | Comments(4)

小さな集落で

小さな集落の農道や小川のほとりに咲く秋の野草
目を止める人がいるのかいないのか。
この村で逢ったのは畑で草取りをする高齢の女性一人
一台の車もすれ違うことなくもったいないほどの秋晴れのフィールドを
静かに静かにゆったりと楽しむことができました。
c0194161_20232818.jpg
c0194161_20224244.jpg
c0194161_20231878.jpg
c0194161_20230998.jpg
c0194161_20225266.jpg
c0194161_20223291.jpg



[PR]
by c-nkns | 2016-10-01 20:31 | Comments(0)