日々の暮らしの雑感を書き留めておこうと思います。


by c-nkns
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

器と食材とおもてなしの心

今回の帰郷では
ブログ「対馬の自然と生き物」http://jf6ied.exblog.jp/の國分先生はじめ奥様や地元の皆さんに大変お世話になりました。
奥様のi子さんはとてもお料理上手でおもてなし上手です。
山歩きの後ご自宅に招かれて対馬の山海の食材を使った心づくしの手料理を頂きました。
山菜や珍しい魚介類を丁寧に料理されて出された器はご主人のこだわりのコレクションや
趣味の陶芸で作られた作品です。


c0194161_2034530.jpg


c0194161_2034528.jpg


c0194161_20351983.jpg


c0194161_20354624.jpg

お料理の一部ですが
ブリの卵と内臓の煮付け、貝や山菜の木の芽味噌和え、椎茸の味噌和え
土筆の甘辛煮、ミズイカのお作り、壱岐豆腐の味噌田楽、ウニ、なまこ
タケノコとワラビの炊き合わせなど他にも
並びますがデザートには対馬の古代豆マサラのおぜんざいにサツマイモデンプンで作った対馬独自のおやつセンダンゴが入っています。
ごはんは対馬産のカバシコ米(香ばしいお米)という品種の香り米です。
これだけの食材と品数を一度に食べられるチャンスは今度帰郷するときまでないでしょう?!
(またお邪魔するつもりでいる私です)

対馬の食文化とおもてなしの心も一緒に頂きました。
i子様、ありがとうございました。
by c-nkns | 2009-04-11 20:38 | 料理