日々の暮らしの雑感を書き留めておこうと思います。


by c-nkns
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

スハマソウ

大好きなスプリングエフェメラルの一つ
スハマソウです。
林床の腐葉土の中から純白の妖精が目を覚ましました。
控え目で清楚な姿です。

c0194161_22055046.jpg

c0194161_22055453.jpg

c0194161_22052678.jpg

c0194161_22053644.jpg

c0194161_22054160.jpg


[PR]
# by c-nkns | 2017-04-07 22:15 | 花語り | Comments(0)

ヤブツバキ

ヤブツバキの環境は背の高い常緑樹や広葉樹が混生する薄暗い森の中
良く晴れた春の日に木漏れ日が照葉に映えて花をライトアップする時間帯に
この花は美しく輝きます。この花にゾクゾクするほどの魅力を感じたのはまだ小学生だったころ
大木の幹にしがみついて見上げた暗い梢の中にたくさんの真っ赤な花が不気味なほど浮き立っていました。
その花をドキドキしながらただただ見上げていたものでした。

c0194161_20412818.jpg


c0194161_20413656.jpg


c0194161_20412561.jpg


[PR]
# by c-nkns | 2017-04-06 20:54 | 花語り | Comments(0)
いわゆる花園ではなく民家の裏山のような場所に人知れず咲いている野の花を
見つけた時の感動が忘れられず毎年見に行っています。
オウレンやカタクリ、ミスミソウ、キクザキイチゲなどスプリングエフェメラルが
たくさんではなくポツリポツリと咲くのを毎年確かめずにはいられないのです。
ここでも例外なく鹿やイノシシ、クマなどの被害が見られ以前はたくさん採れた
フキノトウなどが姿を消しました。



c0194161_17573509.jpg


c0194161_17572270.jpg



草むらも踏み荒らされてボコボコになっています。
小さな花たちは減るわけでも増えるわけでもなく踏ん張っているようにも見えます。



c0194161_17570136.jpg

c0194161_17565337.jpg




[PR]
# by c-nkns | 2017-03-21 17:59 | 花語り | Comments(0)
奥美濃のセツブンソウです。
雪が解けた場所から次々とお出ましです。
今年の見納めになるかもしれないと思うといっそう愛おしくなります。
c0194161_19360061.jpg

c0194161_19371146.jpg


c0194161_19365803.jpg

c0194161_19363251.jpg


c0194161_19362063.jpg


c0194161_19364408.jpg

c0194161_19361330.jpg


c0194161_19360602.jpg

c0194161_19360670.jpg




[PR]
# by c-nkns | 2017-03-20 19:42 | 花語り | Comments(0)

今年も逢えた

福寿草の咲く山の麓は今年は雪がまだこんもりと残っていて
日当たりの良い斜面だけ雪解けを待っていたかのように一輪一輪がキラキラと
黄金色に輝いていました。
場所によってさまざまな表情を見せてくれるけどまだまだ一面の雪の下。
少し後ろ髪ひかれながらまた来年・・・・。
c0194161_22275469.jpg

c0194161_22271674.jpg

c0194161_22270225.jpg

c0194161_22265896.jpg

c0194161_22265118.jpg

c0194161_22264727.jpg


[PR]
# by c-nkns | 2017-03-14 22:29 | 花語り | Comments(2)