日々の暮らしの雑感を書き留めておこうと思います。


by c-nkns
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

冬木立

絵付けはほとんど自然がテーマです。
冬の山で見た木立の風景をイメージして紅殻でまず枝を描いて透明釉をかけて上から
白マットを散らしました。
うまくいったのですが・・・この絵皿は厚みが均一でなく持って見たら底面のでこぼこが気になります。
c0194161_21473723.jpg

[PR]
# by c-nkns | 2009-02-07 21:47 | 陶芸 | Comments(2)

陶雛

お雛様をやっと飾り付けました。
陶芸教室で作った陶雛もやっと焼き上がって仲間入りです。
小さな1対は私のパソコンのスペースに飾ります。
c0194161_1213066.jpg

昨年のも出して玄関や和室、出窓などにそれぞれ飾り付けて
3対はもらわれていきます。
c0194161_1221177.jpg
c0194161_1222928.jpg


複雑で細かい絵付けは難しいのでシンプルにしたつもりですが華やかさを出したいので
模様を欲張ってしまいました。
釉薬でにじむかと心配でしたが思っていたよりはうまく仕上がりました。
来年はもう少し丁寧に。。と昨年も思っていました?!
c0194161_125580.jpg
c0194161_1252555.jpg
c0194161_1285086.jpg

[PR]
# by c-nkns | 2009-02-06 12:09 | 陶芸 | Comments(6)

バクハツ!

シフォンケーキは失敗しないものだと決め込んでいました。
粉と水分量のバランスさえ守ればうまく焼ける物なのです・・・が
ココア味のレシピを見ると他のオレンジ味や紅茶味のレシピより
水分の量が50CCも多くなっています。
以前水分を減らして作ったことをすっかり忘れてレシピ通りに
計って焼いたら・・・オーブンの中でみるみるふくらんで型から溢れて
しまいました。徹子さんの頭より凄い有様です。
c0194161_2282249.jpg


途中で取り出す訳にもいかず設定時間まで焼いて一晩そのままにしておきました。
朝、おそるおそる切って見ました。
型からはみ出た部分はサクサクのクッキー状態で
2号曰く「これはこれで美味しい!」
肝心の中身はというと少々焼きムラがあるもののシフォンケーキのしっとり感もあり
食べられなくもなさそう・・・と我ながら苦し紛れの判断で午後の教室でお出ししました。
皆さんゴメンアソバセ・・・。
c0194161_22134468.jpg


で、今日のレッスンは前回に続き苺のチョコがけを使ったバレンタインアレンジの
第2弾であります。

c0194161_22154164.jpg

[PR]
# by c-nkns | 2009-01-22 22:15 | 花遊び | Comments(4)

苺の季節

年末にはまだ高価だった苺も少し買いやすい値段で出回るようになりました。
フルーツの中では可愛さNO1でお菓子にもヨーグルトにもアイスクリームにも
合わせてよく使います。
花教室ではバレンタインギフトフラワーに添えてチョコがけの苺を使ってみたら
フッフッフッ・・・。

c0194161_21564725.jpg


温かな色の花をいれてふわふわの手漉き和紙でラッピングしました。
[PR]
# by c-nkns | 2009-01-18 21:57 | 花遊び | Comments(0)

ザボン

グレープフルーツのお化けのような柑橘類です。
この季節にはいつも2個3個と頂きます。
近所のお寺様の畑に3本の木があって毎年初夏の頃には
白い花が咲いて通りかかるととても良い香りがします。
今年は鹿児島出身の方からも頂戴して今3個あります。
割ってみると半分は厚い皮に覆われていますが味はほろ苦く
甘酸っぱく美味しい果物です。
c0194161_205072.jpg
c0194161_20502955.jpg

濃厚で水分が少なく中の袋をはがして頂きます。
別名を文旦といって栽培もされていますが皮の薄い文旦もあるようです。
[PR]
# by c-nkns | 2009-01-13 20:50 | 暮らし | Comments(4)