日々の暮らしの雑感を書き留めておこうと思います。


by c-nkns
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2013年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

タマムシ

外出から帰ったら厳寒のドアの前にタマムシが・・・。
子供の時以来何十年も見たことがありませんでした。
何か良いことがあるような気がするのは期待しすぎかしら。
子供のころ捕まえては首に糸をかけて飛ばして遊んでいたことは誤ります。
いじめたつもりはありません。
遊んだあとは糸を外して逃がしていた・・・はず。
記憶は定かではありませんが今でもこの美しい虫は特別に印象深くまるで神様の遣いのようにも思えてこのままどこかえ行ってしまうのが惜しいとさえ思いましたが写真だけ撮ってそのままそっとドアを閉めました。
次に明けた時にはもういませんでした。
来てくれてありがとう。

c0194161_21475673.jpg


c0194161_21493182.jpg

[PR]
by c-nkns | 2013-06-30 21:56 | いろいろ | Comments(4)

梅雨の晴れ間

飛騨も美濃の里も梅雨とは思えないからりとした一日でした。

ササユリの咲里山と森を一回りして温泉に入って美味しいお米を買って美味しい水も汲んで・・・

それでも4時に帰宅。

夫ペースで歩くと早い!!

それはそれで帰ってからの時間も大事。

うっそうとしてきた夏の庭でのびたバラの枝を切ったり、花ガラを摘んだり乾いた鉢にためた雨水をたっぷりやったり。

洗濯物もよく乾いてお日様の香りです。

そうそう・・余談ですが・・・今どきの洗剤は人工的な香りがきつくありませんか??

今日はそんな日でした。

c0194161_22103282.jpg


大好きなヘラオオバコ

いつもの里山で・・・。
[PR]
by c-nkns | 2013-06-24 22:11 | いろいろ | Comments(4)

カキラン

トキソウを見た湿原へ再び出かけました。

雨が降ったり止んだりで傷んだ木道で滑ってしりもちをついてしまいました。

たっぷり降った梅雨の雨で乾いていた湿原も潤いを取り戻していました。

トキソウはもう咲き終わりの姿がちらほらと見られ、入れ替わりにカキランやトンボソウが咲き始めていました。

c0194161_2013496.jpg


c0194161_20132352.jpg


c0194161_20133717.jpg


これはウスノキ

今年はどこのウスノキもrたくさんの実をつけています。甘酸っぱい味です。

c0194161_20152483.jpg


ハッチョウトンボ

c0194161_201407.jpg


c0194161_20154358.jpg


哲学者のようなカエルさん

c0194161_20164117.jpg

[PR]
by c-nkns | 2013-06-22 20:16 | いろいろ | Comments(2)

トキソウ

久しぶりに訪ねた湿原は雨が少なかったせいか、周囲の伐採で環境が変わったのかわかりませんが水がなく地面がむき出しになっていました。
わずかな水辺でスイランやトキソウが咲いていましたがカエルや、ハッチョウトンボなどの小さな生き物が少なく以前の豊かな水辺ではなくなってしまったようです。
木道は朽ちて危険な場所もあり動物の踏み跡なども見られこれから咲こうとしているカキランの花茎が心もとなく心配になってきました。
雨が降って本来の湿地に戻ることを祈りながら歩きました。

トキソウ
c0194161_20481276.jpg


c0194161_20483744.jpg


c0194161_20485550.jpg


スイラン
c0194161_20495972.jpg


ノイバラ
c0194161_20503668.jpg


ハッチョウトンボ
c0194161_20511270.jpg

[PR]
by c-nkns | 2013-06-10 20:52 | いろいろ | Comments(4)

初夏の谷

深緑の谷に分け入るとこんなところに・・・と思いがけなくツルシロカネソウを見つけました。

c0194161_2355426.jpg

もう花期の終わり・・数輪が咲き残っていましたがかなりの群生。
来年の咲き始めが楽しみです。

ミズタビラコ
c0194161_2381310.jpg


ツクバネソウ
c0194161_239650.jpg


ツリバナ
c0194161_2395579.jpg

花の少ない時期とはいえ、歩けばシダの若芽やウド、蕗、ウワバミソウなどの山菜も魅力です。

むやみに採取できません。
地元の暮らしには貴重な財産ですので。
この日は仲間とお付き合いのある方の山でワラビなどを頂いてきました。

c0194161_23105390.jpg


深い谷から突き出るように伸びた栃の木の大木は林道からちょうど目の高さに見ることができました。
小さなかわいらしい花です。

c0194161_2312876.jpg


こちらも負けない大木朴の木です。
c0194161_23132314.jpg


葉っぱは毎年朴葉寿司に使います。

これは先日ご近所のグループで作ったもの
朴葉は若い木でも大きな葉をつけるので森で見つけると必ずGET!!
c0194161_2314956.jpg


梅雨の晴れ間が続いています。
体調が夏向きになってきましたよ(嬉)
[PR]
by c-nkns | 2013-06-04 23:19 | いろいろ | Comments(4)