日々の暮らしの雑感を書き留めておこうと思います。


by c-nkns
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2013年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

新芽の季節

雲一つないのどかな週末。

山友と鈴鹿の山へ・・。

渓流沿いの深い谷を進むともう木々の芽吹きが這いまっていてさまざまな新芽を見ることができました。

まだ裸同然の枝先にはキブシの淡い黄色も鮮やかに目立ちます。

c0194161_10533499.jpg



これはアブラチャン

この谷にはアブラチャンが多いと山友が教えてくれました。

c0194161_10541128.jpg


足元には苔の胞子

スギ林の中で透けるような茎をのばして春の陽を浴びています。

c0194161_105772.jpg

[PR]
by c-nkns | 2013-03-31 10:57 | いろいろ | Comments(2)

寒い

三寒四温の中で咲き進むスプリングエフェメラルを求めて本格的な野草散策のシーズンを迎えました。

毎年のことながらバイカオウレンが咲く尾根は風が吹き上げて頬を切るような冷たさです。

そして実は苦手な山でもあります。

山友の足を引っ張りながら幾重にも続く九十九折れの山道をトロトロとついて行きます。

この花に逢いたい一心で。

c0194161_10351879.jpg


c0194161_10354015.jpg


c0194161_1036290.jpg


c0194161_10365077.jpg


陽だまりでお弁当を食べながら山女子3人は花以外の世間話にも花が咲きます。

次に出かける場所も決まりました。

寄り道は麓の枝垂桜。

2本の大木がお寺の境内に双子のように並び見事な花を競っていました。

c0194161_10411867.jpg


c0194161_10414445.jpg


大好きな里山の春・・・のどかな景色が広がります。

c0194161_10423673.jpg

[PR]
by c-nkns | 2013-03-27 10:43 | いろいろ | Comments(6)

春爛漫

お彼岸を過ぎて暖かな日が続いています。

寒風の中で芽を出した野の花たちも今はのどかな陽だまりで安心して咲いているように思えます。

それにしても平野の農道も土手も面白いですね。

競い合うこともなく仲良くくっついたり絡まったりしてのびのび、生き生きと咲いています。

c0194161_2210970.jpg


c0194161_22101154.jpg


c0194161_2291818.jpg


c0194161_22104091.jpg


c0194161_22105024.jpg


c0194161_22113152.jpg


時間を忘れてあっという間の午前中でした。

よく伸びた食べごろの土筆を摘んで帰って今日は春の優しい苦みをあじわいました。
[PR]
by c-nkns | 2013-03-24 22:14 | いろいろ | Comments(2)

懐かしい風景

子供のころ、田舎育ちの私には珍しくもなかった風景ですが今ここにあるのどかな集落の春の一日を描いた絵画のような景色がいつの時代にも逢ってほしい、この国の貴重な宝物のように思えます。

c0194161_22154418.jpg


高齢者ばかりが目立つ集落はいつのころからか、雪が解けて花の開花とともにカメラを持った遠来の訪問者が集まり賑やかになります。

それまで気にも留めなかった足元の野草に関心を持つ人、遠目に見守る人、時には山菜をくださったり、お茶を入れてくださる人、さまざまですが穏やかで暖かなお土地柄に甘えてまたお邪魔したくなるのです。

c0194161_2233429.jpg


c0194161_2233291.jpg


c0194161_22335521.jpg


いつもありがとうございます。
[PR]
by c-nkns | 2013-03-18 22:34 | いろいろ | Comments(2)

雪の里山にも春が

川の水音も高く、雪解けが進む里山でポツリポツリと咲き始めた花を

一つ一つ愛おしみ、春の訪れをしみじみと感じています。

c0194161_20551538.jpg


c0194161_20552719.jpg


c0194161_20554519.jpg


c0194161_20555548.jpg


温かな野辺には人の姿も多くなり遠来の訪問者に声をかけてくださいます。

ご挨拶をして度々私有地にお邪魔する無礼を詫びると快く許して頂きありがたいことです。

「寒くて雪の多い年だった・・・・花が咲いてるかね??」

「まだ少しですが・・これからいろんな花を楽しみにまた時々お邪魔します。」

「どうぞどうぞ・・・な~んぼでも、いつでも来てもろたらええでぇ~」

語尾の長さがのどかな里山の風景に重なって穏やかな土地柄、人柄がうかがわれます。

故郷のようになってしまった雪深い美濃路の里山に遅い春がやってきたようです。
[PR]
by c-nkns | 2013-03-12 20:56 | いろいろ | Comments(6)

見つけた!

すっかり春めいてkました。

毎年必ずチェックしている農道の土手を歩いてみたら・・・。

この場所がお気に入りのノジスミレ発見!

まだ一株ですが青々とした新芽がポツポツ見え始めています。

c0194161_14353314.jpg


オオイヌノフグリも春の陽射しにしっかりとガッツポーズ。

頼もしい姿です。
c0194161_14365245.jpg


c0194161_14371264.jpg

[PR]
by c-nkns | 2013-03-09 14:37 | いろいろ | Comments(6)
場所が変われば花の表情も変わります。

雪の中から目覚めたセツブンソウも少し背伸びして姿を消すまでのつかの間、春の陽を

惜しむように浴びていました。

c0194161_2149482.jpg


c0194161_2150990.jpg


c0194161_21504151.jpg


こちらはまだ眠気眼・・・。

c0194161_2149192.jpg


c0194161_21521346.jpg


少し早いかも・・・とのぞいてみたセリバオウレンは雪解けを待っていたかのように

枯葉の中からあっちにもこっちにも・・・。

c0194161_21545832.jpg


c0194161_21551266.jpg


オマケは帰り道の菜の花畑です。

春の黄色は暖かですね、冷たい風の中で寒さを忘れました。

c0194161_21554058.jpg

[PR]
by c-nkns | 2013-03-05 21:57 | いろいろ | Comments(0)

オウレンとセツブンソウ

もう雪も解けたころかと・・・里山の林下にオウレンを訪ねてみました。

山肌にはまだ雪が解け残りまだら模様に春の兆しを感じます。

麓の杉林には落ち葉の中から目覚めたばかりのセリバオウレンが咲き始めていました。

小さな白い妖精です。

c0194161_1763047.jpg


c0194161_1764524.jpg


c0194161_177328.jpg


セツブンソウもこちらは節分から一月遅れで開花です。


c0194161_17103539.jpg



c0194161_17105321.jpg



c0194161_1782818.jpg

[PR]
by c-nkns | 2013-03-03 17:08 | いろいろ | Comments(4)

セツブンソウ

またセツブンソウ・・・なのですが、まだまだこれから4月までセツブンソウの追っかけは続くのです。

c0194161_20275368.jpg


雪が解けた場所は安心しきったように優しげな表情です。

道端にもこぼれ咲いています。

c0194161_20285341.jpg


c0194161_2029886.jpg


地中から春を運んできた小さな使者たち、今年もありがとう

c0194161_2030407.jpg

[PR]
by c-nkns | 2013-03-01 20:36 | いろいろ | Comments(2)