日々の暮らしの雑感を書き留めておこうと思います。


by c-nkns
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

雨の散策五箇山合掌集落

昨年もこの時期に出かけた越中五箇山の相倉集落。

あいにくの雨でしたが秋らしいシトシト降りの静かな雨の中を夫とつかず離れず?!歩いてきました。

c0194161_20544719.jpg


集落の中にお住いの老婦人に「一人旅ですか?」と声をかけられて「いえいえ・・そこに」
と夫を指せば「あらまあ・・・新婚さんねぇ・・・ここでご夫婦連れの人は新婚さんと呼んでるの」
(ほんまかいな?!)
苦笑いしていると家の中を開けて下さって見事な欄間や仏間、皇族もお泊りなられたというお部屋も。
家は築500年という由緒あるお宅のようでお話を聞いているうちにほかの観光客もゾロゾロ集まって
ひとしきりおば様の講義を聴くことができました。
通りかかっただけで得した気分。

c0194161_20551540.jpg


c0194161_20554217.jpg


c0194161_2123372.jpg


お昼は集落の中にあるお土産屋さんで温かい山菜蕎麦にてんぷらや煮物、燻製豆腐、赤カブのお漬物、おにぎりなどが盛りだくさんの定食を頂きましたがどれもこれも丁寧に作られた美味しい郷土料理でした。

畑には株や大根が収穫を待ち、その周りには花がたくさん植えられて素朴な集落の彩になっています。
野の花はもう残り花がちらほらと遠慮がちに。

c0194161_20593453.jpg


c0194161_20595224.jpg


大きな岩の苔の中には見事なツメレンゲが張り付いていました。
c0194161_211853.jpg


c0194161_2112286.jpg


ホウズキ

c0194161_2141423.jpg


c0194161_2143455.jpg


雨が雪に変わるのもそう遠くない雪深い里の秋です。
[PR]
by c-nkns | 2011-10-30 21:07 | いろいろ | Comments(0)

晩秋の伊吹山3合目

昨日は伊吹山3合目で今シーズン最後の草刈り作業に参加しました。

地元ボランティアの皆さんでススキや背の高い野草はほとんど刈り取られていて私たちは

リンドウやセンブリの周りに残ったススキや笹を刈りとったあとところどころに積まれたススキの山を谷まで運ぶのが主な仕事でした。

秋晴れの中、行く秋を惜しみながら皆心地よい汗を流しました。

作業後は恒例になったM先生の観察会です。

たわわに実ったマユミの実は見事に色づいています。

c0194161_21435897.jpg


色鮮やかなリンドウ

c0194161_21443078.jpg


c0194161_21445982.jpg


草むらに這うテリハノイバラ

c0194161_21461725.jpg


ここのセンブリは皆オチビさんです。

c0194161_2147663.jpg


c0194161_21472911.jpg


ヨモギもこんなにオシャレです。
c0194161_2147568.jpg


みんな今日でお別れ、、、また来年。

春のお花畑を思い浮かべながら3合目を後にしました。
[PR]
by c-nkns | 2011-10-24 21:50 | いろいろ | Comments(6)

コスモス

伊吹山への通り道である岐阜県羽島市の田園街道は今コスモスが見ごろを迎えています。
広大な休耕田を利用したお花畑で春はポピー、夏はひまわりなどの花が彩りよく植えられています。
11日、山からの帰りに立ち寄ってみました。

c0194161_1214986.jpg
c0194161_1222271.jpg
c0194161_1224552.jpg
c0194161_123160.jpg
c0194161_1233018.jpg

[PR]
by c-nkns | 2011-10-13 12:03 | いろいろ | Comments(4)

天生湿原

岐阜県の高層湿原、天生湿原へ今年も出かけました。
紅葉には1週間ほど早いようですがナナカマドやオオユキザサなど、木の実草の実の色づきを楽しみ

秋晴れの晴天で程よい日差し、カツラの香りに包まれて4時間ほどの散策でした。

ボランティアでパトロール中の男性に出会い、湿原のことや植物のこといろいろ教えていただいて得した気分です。カツラが秋に薫るのは葉の付け根に糖分があって落葉するときにその甘い香りが空気中に放出されるのだそうです。
画像の実をたずねたら「ヤシャビシャク」と教えてくださいました。
スグリのなかまだそうで、なるほど葉っぱがスグリに似ているな・・と思いました。

c0194161_22575166.jpg


c0194161_22581410.jpg


駐車場では土地の特産物と暖かい食べ物の売店が出ていて山菜うどんとイワナの塩焼きを頂きました。

これから2週間は紅葉が楽しめそうです。

ツタウルシ
c0194161_22585117.jpg


ナナカマド
c0194161_22593954.jpg


オオユキザサ
c0194161_2301362.jpg


マイヅルソウ
c0194161_2304838.jpg


ツルリンドウ
c0194161_2312469.jpg

[PR]
by c-nkns | 2011-10-09 23:02 | いろいろ | Comments(2)

秋晴れの野草散策


昨日、今日と遠来のお客様と一緒に伊吹山3合目と山頂、麓の里山など、秋の野草を求めて歩きました。

伊吹周辺のフィールドがすっかりお気に入りで昨年の秋と今年の春に続き3度目の来訪です。

秋晴れの空と程よい気温もてつだってどこを歩いても快適な散策となりました。

花は・・といいますと。

目的は定めず、足元の野草、林縁の木の実、少し気の早い黄葉、紅葉などを楽しみ、山栗を拾い

サルナシの実などをつまんで、ただただ・・・散策を楽しんだ2日間でした。

「あー楽しかった!!今度はいつかしら・・・」というお客様のお言葉に気をよくして「また春にでもどうぞ」

私も・・・あー楽しかった。


センブリ
c0194161_216365.jpg


ジンジソウ
c0194161_2163593.jpg


キダチコンギク
c0194161_2172978.jpg


ミゾソバとアキノウナギツカミ
c0194161_2181976.jpg


ダイモンジソウ
c0194161_2185145.jpg


コマユミ
c0194161_2194234.jpg


アケボノソウ
c0194161_21104533.jpg

[PR]
by c-nkns | 2011-10-08 21:11 | いろいろ | Comments(0)
伊吹山山頂の晩秋を飾るのはリンドウとリュウノウギク。

c0194161_23215010.jpg


c0194161_23222248.jpg


c0194161_232242100.jpg


そして山頂の草紅葉が広がると同時に樹木の紅葉が山頂から徐々に麓へと降りてきます。

c0194161_23233748.jpg


c0194161_23242262.jpg


雪化粧を待つあいだの短い間、わずかな草花と樹木の競演が楽しめます。
[PR]
by c-nkns | 2011-10-04 23:24 | いろいろ | Comments(2)

散歩

このところ秋晴れが続いていて何をしていても気持ちよく、庭で種まきや花の植え替えなどをして少し歩きたくなってカメラを持って夫が野菜を作っている畑へ。
白菜や大根の芽が順調に伸びて冬のお鍋に欠かいせないネギもずらりと並んでいます。
自慢げにしている夫に労いの言葉をかけてそのまま回り道で堤防へあがりました。
途中の農道にはまだツユクサがたくさん咲いていました。
夏には早朝しか見られないのにこの時期は気温が低いせいかお昼近い時間でも開花しています。
青さがいっそう深くなって2段咲が目立ちます。懸命に種を残そうとする力強さを感じます。

c0194161_2150420.jpg


c0194161_2150215.jpg


堤防には今を盛りに秋の野草が咲き競っています。

ホシアサガオ
c0194161_21515535.jpg


マメアサガオ
c0194161_21523772.jpg


アレチノウリ
c0194161_21525881.jpg


マルバルコウソウ
c0194161_21531667.jpg


アレチハナガサ
c0194161_21542239.jpg


アレチヌスビトハギ
c0194161_21545872.jpg


それにしても”アレチ”と名のつく花の多いこと。

草刈りもされず確かに枯れるがままになっている荒地は野草の宝庫です。
[PR]
by c-nkns | 2011-10-02 21:56 | いろいろ | Comments(2)