日々の暮らしの雑感を書き留めておこうと思います。


by c-nkns
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2011年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

湿生植物

コモウセンケを探して大きなため池の周りを歩いていると
水際でミミカキグサやアゼナ、サワトウガラシなどの小さな花が目につきます。

アゼナ
c0194161_16325491.jpg


サワトウガラシ
c0194161_16334114.jpg


ミミカキグサ
c0194161_16342087.jpg

池の水は深く透き通って暑い夏のさなかでも植物には心地よい環境なのかもしれません。
コモウセンゴケのロゼットは立ち上がらず均一に花茎を囲んでまあるく展開するようです。

コモウセンゴケ
c0194161_16344851.jpg


c0194161_1635583.jpg


開花にはまだ早かったのか、午後になって閉じたのか、蕾しか見られませんでしたが
周囲の草むらには小さなヒメヤブラン、コマツナギ、開花前のコシオガマなど様々な秋の野草が見られました。春にもなにか見られそうな予感。

ヒメヤブラン
c0194161_16354599.jpg


コマツナギ
c0194161_1636484.jpg


また新しいフィールド発見です。
[PR]
by c-nkns | 2011-08-28 16:37 | いろいろ | Comments(2)

初秋の伊吹山

伊吹山もりびとの会のボランティアガイド活動も終わり夏の野草のピークも過ぎて
秋の空気が漂い始めた伊吹山です。

c0194161_22283899.jpg


今日は数名の仲間と保全作業とゴミ拾いをしながら静かになった山をのんびりと歩いてきました。

c0194161_22303348.jpg


c0194161_22305796.jpg


時折霧が立ち込めたり、雲の動きがが早く景色が目まぐるしく変わるのも初秋の伊吹山らしい姿です

c0194161_22331282.jpg


ススキの穂が出てトリカブトやサラシナショウマが咲くころから雪が降るまでの伊吹山は花も景色も魅力的な姿で山人を楽しませてくれます。

c0194161_2236208.jpg


c0194161_22363984.jpg

[PR]
by c-nkns | 2011-08-24 22:37 | いろいろ | Comments(4)

サギソウとツルリンドウ

昨夜の雷雨がウソのように朝は静かに明けました。

天気予報は相変わらず雨とか雷とか・・・結局気象庁も天気予報士も予測できない狂った空模様。 

サギソウとツルリンドウだけ・・決心してそそくさと用意して11時前に出発。

湿原に着いたら一面真っ白なサギソウが満開に咲いていました。

c0194161_19241262.jpg


c0194161_19242787.jpg


c0194161_19244874.jpg


里山ではツルリンドウが数輪だけ・・期待を裏切らないフィールドです。

c0194161_1935598.jpg


c0194161_19351922.jpg


M先生に電話したらナツエビネに付き合ってくださるとのことで2時に約束して
1時50分ごろにゴロゴロ、ザザーっと来ました来ました・・・。
ナツエビネをあきらめて先生宅お茶をごちそうになって雑談してかえってきました。

往復5時間のとんぼがえりでしたけど出かけてよかった(^^)V
[PR]
by c-nkns | 2011-08-23 19:35 | いろいろ | Comments(4)

上高地2

梓川沿いにもトモエシオガマやオカトラノオ、ヤマハハコなど夏と秋の花が

混在しています。

c0194161_1003011.jpg


c0194161_9571243.jpg

c0194161_10222821.jpg


明神岳が見えてきました。

c0194161_1035110.jpg


明神池

c0194161_1041657.jpg


c0194161_104406.jpg


河原で明神岳を眺めながらお昼を頂きました。

c0194161_1055386.jpg


帰りは水音を聞きグリーンシャワーをたっぷりと浴びながらのんびりと河童橋まで戻ります。

c0194161_10154999.jpg


c0194161_10171599.jpg


ジャコウソウ

c0194161_10131125.jpg


ソバナ

c0194161_1013452.jpg


クロクモソウ

c0194161_1018887.jpg


ヤチトリカブト

c0194161_10203245.jpg


河童橋は落ちそうなくらい観光客でいっぱい。


c0194161_1023389.jpg

次は紅葉の頃、徳沢まで足を延ばしてみようと思います。
[PR]
by c-nkns | 2011-08-19 10:24 | いろいろ | Comments(2)

上高地

朝5時過ぎに出発

おっきな太陽に行ってきます。
c0194161_21255651.jpg


8月16日朝8時半の大正池は朝霧がかかって幻想的な景色でした。

c0194161_21263311.jpg


今日は歩くことが目的・・・なのですがもちろん花も探します。
ハンゴンソウやヒヨドリバナここではやたら大きくのびのびと、堂々として見えます。
そして自分がとても小さくなったような気がします。

c0194161_21282872.jpg


キツリフネ
c0194161_213727.jpg


ヤチトリカブト
c0194161_2132416.jpg


ヨブスマソウ
c0194161_21335768.jpg


夏の大型野草に囲まれるようにして木道を進みます。

田代池
c0194161_21352310.jpg


緑の中に真っ赤な実が目立ちます。

トチバニンジン
c0194161_2138310.jpg


ニワトコ
c0194161_21382250.jpg


河童橋で一休みして明神池へと向かいます。
[PR]
by c-nkns | 2011-08-17 21:42 | いろいろ | Comments(2)

上高地のお猿さん

今日ならお盆の人出も収まるかと避暑に上高地へ。
8時のアカンダナ駐車場はすでに満車に近くバスターミナルには乗車の列が。
お盆を外して静かに歩きたいと思った人が多すぎたのね。
大正池から明神池まで一気に歩き河原で缶ビールとおにぎりで乾杯して河童橋のバスターミナルまで約10キロのハイキングでした。
上高地では猿も人間もお互いにわれ関せず。人が歩けば猿も歩く。

c0194161_083891.jpg


親子猿が森からとことこと出てきてじゃれあったり物思いにふける孤独な猿も。

c0194161_091467.jpg

ここでは人間が動物に安易に餌をやったり、無用の手出しをしないことが徹底されているようで猿たちもおねだりや略奪もなくお互いに着かず離れずの距離が保たれて理想的な関係が成り立っています。 食べたいときは自力で食べます。

c0194161_0101081.jpg


カメラを向けても敵は無関心・・・愛想がないと言えばないけど・・。

花はトリカブトやソバナ、ジャコウソウなど秋の彩。
ここは植物も豊富だけれどやはり春がいいかな。

帰りのバスターミナルはどのバスも長蛇の列。おまけに途中の道路が工事中でバス同士の擦れ違いと片側通行で満員すし詰めのバスでアカンダナまで1時間かかってやっと到着。

いつ出かけても素敵な上高地ではありますが、もうこの時期に行くのはやめます。
[PR]
by c-nkns | 2011-08-17 00:11 | いろいろ | Comments(0)

乗鞍は水も滴るお花畑

4時起床、5時出発・・のはずが寝坊して40分遅れで帽子を忘れてひき返しさらに遅れてほうのき平に7時40分到着、予定通り50分発のバスには間に合いました・・・・が魔王岳のコマクサやイワギキョウを見て肩の小屋目指して歩き始めたものの富士見岳の下で雨・・。

c0194161_20523919.jpg


c0194161_20525827.jpg


止む気配もなく畳平に降りて雨具をつけての散策。
チングルマは綿毛に、クロユリは影も形もなくハクサンイチゲは残りわずか。

c0194161_20542019.jpg


c0194161_20535497.jpg


c0194161_2055169.jpg

ウメバチソウやオンタデ、ミヤマアキノキリンソウに早くも秋の気配を感じました。
満開のコマクサは今一番美しく愛らしく雨粒がいっそう引き立てていました。
結局10時半には休憩所でお昼を済ませて11時のバスで降りることにしました。スカイラインにあがる手前の道で気になっていた場所があったのでちょっと寄り道。
雨も止んで咲きたてのソバナやネジバナの群生、キツリフネ。

c0194161_20554064.jpg


c0194161_20571475.jpg


c0194161_20562197.jpg


飛騨清美から郡上大和まで下道を走りところどころ里山ウォッチング。

c0194161_2058787.jpg


c0194161_20582475.jpg


乗鞍をカットした分もしっかりおまけつきで楽しかった!!
[PR]
by c-nkns | 2011-08-06 20:58 | いろいろ | Comments(4)

再会

昨年は八月の終わりに山頂へご案内した長崎からのお客様を今年は7月の29日にお迎えしました。
1日目は醒ヶ井のバイカモ、湿原のヒツジグサやミミカキグサ、里山のママコナなど・・・平地はどこも花の少ない時期ですが伊吹周辺の植生の豊かさに興味を持たれ何を見てもどこへ行っても喜んでいただいて恐縮しています。

c0194161_133051100.jpg


c0194161_13315594.jpg

30日はDWから山頂に上がる予定でしたが台風被害により5日まで閉鎖で3合目登山道から山頂を目指します。
c0194161_131972.jpg


登山道はあいにくのお天気で霧が出たりまた晴れたり、雨になったりでしたが真夏の登山道はかんかん照りよりもこのほうが涼しくて良かったかもしれません。
花もみずみずしく咲き始めたばかりのコオニユリやメタカラコウの美しいこと。

c0194161_13294457.jpg


c0194161_13301138.jpg


元気な山ガールや山ボーイにどんどん追い越されますがお構いなく
撮影も時間をたっぷりかけてゆっくり上がりました。

昨年もこんな感じ(^^)
http://cnamemo.exblog.jp/15044462/

花の話は尽きることなく、お疲れの様子もなくゆったりとした時間のようでも下山してみればもうお別れ・・・短い夏の再会でした。

また次の機会をお待ちしています。
[PR]
by c-nkns | 2011-08-01 13:33 | いろいろ | Comments(0)