日々の暮らしの雑感を書き留めておこうと思います。


by c-nkns
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2011年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

美味しい庭

狭い庭の隅っこで野菜やハーブも育てています。
ここ数年春になるとベビーリーフを必ずまきます。
失敗がなくて早く収穫できるので3回に分けて時期をずらしてまくと毎日のサラダに困りません。
パセリやバジルはパスタの香りづけやオムレツやドレッシングにかかせません。
まく場所に困ったルッコラをレンガの隙間にまいたら花と一緒に元気に育っています。

c0194161_23415698.jpg


c0194161_23424162.jpg


c0194161_23425715.jpg


こぼれだねで簡単に芽を出したカモミールは乾燥させてお茶に。
星形の花がかわいいボリジはお菓子のトッピングやハーブティーに。
長く使うためにこまめに摘み取ってたくさん咲かせます。
ミント系のハーブ類はとくに摘めば摘むほどわき芽が出て新しい柔らかい葉を出します。

c0194161_23594631.jpg

c0194161_23485250.jpg


勝手に生えているタンポポやユキノシタ、ミツバなどもてんぷらになったりします。
春は何かと楽しく美味しい小さな庭なんです。
[PR]
by c-nkns | 2011-04-30 23:53 | 暮らし | Comments(0)

ウサギとプードル

今週はお天気とスケジュールの都合が合わず山歩きはキャンセルになりましたが

この季節は家にいてもいろいろ忙しいのです。

ホタルカズラ
c0194161_21442837.jpg


ミヤマオダマキ
c0194161_2146275.jpg


寄せ植え
c0194161_2147289.jpg


庭の花は秋の種まきを減らしたので昨年よりは少ないけれど宿根草や球根、こぼれ種から発芽した
一年草などが勝手に咲いてくれてそれなりに春らしい庭になってきました。
バラも秋の選定と手入れを頑張ったので虫もつかず元気な蕾をたくさんつけています。

草取りしたり、植え替えしたり、ただ眺めたり・・・庭にいる時間も長くなります。


昨日、今日は花教室でしたので母の日のアレンジメントにしました。
母の日といえばカーネーションが一般的ですが私はよくバラを使います。

c0194161_21494710.jpg


c0194161_21505075.jpg


ピンク系の花を多くして勝手に”お母さん色”と決めて優しい色に仕上げました。
といっても作ったのは生徒ですが。
プードルを八重のストックで、ウサギはスナップドラゴンで形どりしてバラの中に。

花だけだと形がとりにくいのですが目玉と眼鏡とリボンがあればなんとか顔らしくなります。

ティータイムのお菓子はレモンバターケーキとアイスクリームのイチゴジャムがけに
レモンティー

c0194161_22122100.jpg


c0194161_21514394.jpg

小さなブーケは庭の花を束ねて、毎月来てくださる忙しい”母”たちに私からのささやかなプレゼントでした。
[PR]
by c-nkns | 2011-04-28 21:52 | 花遊び | Comments(2)

ヒカゲツツジ

山日和のお天気、山友のNさんに連れられて美濃の納古山にヒカゲツツジを見に行きました。標高は630mだけど長い樹林帯のあと急登の尾根が続く厳しい岩山。
谷間にはヤマザクラやタムシバ、新緑のグラデーションが美しい春の山景色です。
c0194161_21224266.jpg

尾根をしばらくあるいてやっとツツジ科の樹木にお目にかかれます。
まだ蕾のヨウラクツツジ、満開のミツバツツジ、アカヤシオ、そしてお目当てのヒカゲツツジです。
c0194161_21235641.jpg


c0194161_21241592.jpg


c0194161_21245525.jpg

何年も前から誘われて都合が合わず今回やっと念願がかなってご対面です。
優しい黄色のなんともいえない控えめな花です。
日の当たる場所にもたくさん咲いていますが名前の通り木漏れ日がよく似合う花のようです。
少し華やかなアカヤシオやミツバツツジともよくマッチして いました。

c0194161_212617.jpg


岩場の隙間や斜面にはなんとフイリフモトスミレが・・。

今年初めて逢ったのがこんなお山の上でした。
c0194161_21303718.jpg


c0194161_2131685.jpg


麓の林道でヤマルリソウやジロボウエンゴサクに寄り道して

「良かったね、良かったね」の言葉が何度も・・。

c0194161_21283483.jpg


c0194161_2129389.jpg


Nさんありがと・・・。
[PR]
by c-nkns | 2011-04-21 21:35 | いろいろ | Comments(8)

春のお客様

昨日と一昨日の二日間お客様と伊吹野を散策しました。

昨年6月にご縁があり今回が2度目のご案内です。

花の少ない早春の3合目ではセツブンソウやキバナノアマナ、スハマソウなどを時間をかけて熱心に観察されました。森を渡る風にも鳥の声にも喜びの声があがります。
「ほら・・・もうすぐ咲きますよ」とカタクリの蕾にもカメラをむけて
「今年は春が遅くてまだ咲きそろっていないんですよ」という言い訳をあっさりながしてくださって
自然を楽しむということにおいては格別に長けたの女性グループです。

c0194161_93191.jpg


森のカタクリが蕾ならあそこなら咲いてる・・・と確信して登山道のカタクリの場所へ。

笹の茎が突き立つ中で開花したばかりの数輪に「よくこんな場所で頑張ってるね」と、撮環境は良いとはいえない場所でしたがもうそんな心配はしないことにしました。

c0194161_972526.jpg


2日目の里山歩きは私がご案内する前にヒトリシズカや朝陽に輝く新芽や、遠くの新緑の山肌などそれぞれ気が付いたものに感動されて私は何の説明もせずただご一緒してともに散策を楽しみました。

c0194161_9113581.jpg
c0194161_9115654.jpg


里山ではイワナシやショウジョウバカマが終わり、イワカガミが咲き始めています。

c0194161_9134016.jpg


今シーズン最初の二日間が無事終了。

今年はどんな出会いがあるのかとても楽しみです。
[PR]
by c-nkns | 2011-04-20 09:18 | いろいろ | Comments(2)

福寿草の楽園

今年はどこの山も里も春の訪れが遅いようで鈴鹿ではフクジュソウもまだ咲きたてが見られると
山友からお誘いがありました。

登山道を山頂まで登り切りそこからまた尾根を下ります。
遠くの斜面にはまだ雪がまだらに残り芽吹き前の木々が美しい影を落としています。
良く晴れて風もなく静かな山日和。

c0194161_11265829.jpg


c0194161_11274414.jpg


苔むした岩場に出ると岩の隙間や木々の根元、斜面の至る所にフクジュソウの

お花畑が広がっています。

しばし眺めながらお弁当を食べてからゆっくりと撮影タイム。

c0194161_113193.jpg


c0194161_11313497.jpg


c0194161_11315914.jpg


群生あり、一人ぼっちあり・・・まだ蕾もたくさん。

c0194161_1133943.jpg


c0194161_11352824.jpg


苔の緑と雪の白に鮮やかな黄色い花弁が輝きます。
[PR]
by c-nkns | 2011-04-16 11:35 | いろいろ | Comments(6)

遅い遅い春

12日今年初めての伊吹山3合目です。

c0194161_2149180.jpg

広大な旧スキー場はところどころ雪の塊が残っています。

しんと静まり返って時間が止まっているかのように見えます。

芽吹き前の森を抜ける風もまだ冷たく空間ばかり広がります。

それでも柔らかくなった地面からわずかにアマナやセツブンソウが咲き始めていました。

c0194161_21495967.jpg


c0194161_21501652.jpg


4月も半ばになってからのセツブンソウの開花は長く厳しい冬を物語っています。

目を凝らして広大なお花畑を丹念に探すとキバナノアマナも見つかりました。

c0194161_21503520.jpg


森にはスハマソウがたくさん咲いています。

c0194161_2150514.jpg


麓から徐々に花が咲きあがっていよいよ花の季節の始まりです。
[PR]
by c-nkns | 2011-04-13 21:51 | いろいろ | Comments(0)
山野草の絵を陶芸作品に描きたくて以前からいくつか挑戦してはいたのですが

細かい線は和陶器には不向きで、かといってあまりにも大雑把な線は野草の雰囲気を損ねます。

釉薬も下絵をうまく引き出せる透明系の釉に限られるので土の色と顔料と釉薬のバランスが難しいところです。

c0194161_2030781.jpg


3月初めに季節の野草ということでセツブンソウをフリーカップに描いて見ました。
絵の部分だけに釉薬をかけて部分的に素焼きにしました。

この方法は空気を通すのでビールやアイスコーヒーに向く焼き方です。

したがって・・・真冬に咲くセツブンソウをモチーフにしたのはだい失敗・・・デシタ。
[PR]
by c-nkns | 2011-04-11 20:31 | 陶芸 | Comments(4)

春はゆっくりと確実に

明日は雨の予報でどうしても見ておきたい花、気になる場所へ出かけました。

こんなにのどかで暖かな春の日なのに里山は小鳥のさえずりや、小さな生き物の気配だけ。

それとも平日にのんびりと一人で散策を楽しむ私が贅沢すぎ??

イワナシやショウジョウバカマが惜しげもなく咲きそろって迎えてくれました。

c0194161_22302924.jpg


c0194161_22305734.jpg


シュンランもずらりと並んでてんこ盛りに咲いています。

c0194161_22343831.jpg


林の中の草むらにはたくさんのアマナ

c0194161_22333352.jpg


お昼になっておなかもすくけどもう1っ箇所、それからあそこも・・と

レンプクソウです。

c0194161_2236104.jpg


カタクリはまだ数輪、イチリンソウはまだ一輪だけ

c0194161_2237131.jpg


c0194161_22373457.jpg


ほんとに今年の春はおそいですね・・・と地主さんのお話でした。

いつもおじゃまさせていただきありがとうございます。

c0194161_22384497.jpg


古いお寺にお邪魔してお弁当を食べたのは2時をすぎていました。

里山にはまだ梅が咲き伊吹の山頂には雪が。

でも足元のスミレたちは春が来たと喜んでいます。

c0194161_22421595.jpg


c0194161_22424286.jpg


遅いけど確実な春の訪れです。
[PR]
by c-nkns | 2011-04-07 22:43 | いろいろ | Comments(6)

山歩き

鈴鹿山系の入道ヶ岳を歩いてきました。
数年前に上った時も晴天に恵まれ360度コバルトブルーの空から春の陽がさんさんと降りて
馬酔木の木に囲まれた山頂の笹原でお弁当たべて仮眠をしても暖かくのどかな日でした。
昨日は久しぶりに前回とは違う井戸谷コース。椿大社の裏の登山口から入る、入道山頂へは最短のコースです・・・が、文字通り樹林帯から深い谷へ下りて乾燥した急坂をのぼります。
斜面が緩くて崩れやすく大小の岩が浮いています。
慎重に進めながらゆっくりと歩きました。

c0194161_13424486.jpg


谷沿いにはシロバナネコノメソウやイワボタン、ヤマネコノメなどがところどころ咲いています。

ミノコバイモもポツリ、ポツリと姿を見せてくれました。

c0194161_13432578.jpg

どこで見かけても控えめで地味な野草ですがわずかな自生地でも盗掘されているようです。
「めだたなくていいから誰にも取られないでね・・・」と声をかけて写真に収めました。

馬酔木の群落と笹原が見え始めると真っ青な空が広がります。
同行の友人から入道日和という言葉が出ました。

こののどかな山頂の景色がこの山の最大の魅力だと思います。
もっとも山ですからこんな日ばかりだとは限りません。
風が吹けば逃げ場のない原っぱです。

c0194161_13434862.jpg

出会った花といい、お天気といいとても運の良い山歩きでした。

c0194161_13442948.jpg

[PR]
by c-nkns | 2011-04-06 13:44 | | Comments(7)

春の黄色

4月になって急に春らしい陽気です。

出かける予定を変更してなぜか家にいますが何をしていてもこの日差しのおかげで

気分よく動けるのはありがたいことです。


c0194161_17451282.jpg


今庭は水仙やムルチコーレなど黄色い花が元気に咲いています。

毎年楽しみにしているご近所のミモザも今が満開です。

c0194161_1746235.jpg


今年は特に花つきも良いようで先日見事な枝をたくさんいただいたので

お礼にささやかなガーデンブーケをお届けしました。

c0194161_17464524.jpg


もちろんそのお宅にも花はたくさん植えられてとてもおしゃれなお宅なのですが

喜んでいただけました。

これから桜とともに川の河川敷にも菜の花が黄色いじゅうたんを広げますね。

まだ風が冷たい朝夕でも春の黄色を見ると温度が伝わってきて元気が出ます。

c0194161_1747630.jpg


今日はmomoもお風呂に入って庭で乾かしました。

庭の陽だまりがだい好きでいつも花のにおいをかいでご機嫌です。
[PR]
by c-nkns | 2011-04-02 17:47 | 花遊び | Comments(0)