日々の暮らしの雑感を書き留めておこうと思います。


by c-nkns
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2011年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

元気を出そう

早春の里山を静かに歩いていると落ち葉の下でカサカサと動く小さな生き物の気配や高い木の上でさえずる小鳥の声がすぐ耳元で感じられます。
自然の中にいると自分も小鳥や小動物並みに小さくなったような気分で花に向き合います。
のぞきこまれて・・小さい花もびっくりでしょうね。

トウゴクサバノオ
c0194161_21255145.jpg


c0194161_21272685.jpg


イカリソウ
c0194161_21264826.jpg


ミヤマカタバミ
c0194161_21281146.jpg


スミレサイシン
c0194161_21285831.jpg


ショウジョウバカマ
c0194161_2130653.jpg


花も動物も私も自然の中では小さいけれどこんなに元気です。
[PR]
by c-nkns | 2011-03-30 21:34 | いろいろ | Comments(6)

イワウチワ

昨年見つけたイワウチワの咲く岩山に行ってみました。

雪が解けたばかりの山里でオウレンやセツブンソウが木漏れ日を浴びています。

c0194161_2195839.jpg



c0194161_21114997.jpg


c0194161_21123214.jpg


この冬は雪が多く春が遅れたかのように思えたのですが花は例年通りに開花して

待っていてくれました。

c0194161_21112481.jpg


イワウチワもほんの数輪。

たった一輪でも見ごたえのある美しい花です。

たくさんの蕾がひらいて絨毯になるころにもう一度・・。
[PR]
by c-nkns | 2011-03-28 21:13 | いろいろ | Comments(2)

スミレが咲いた2

ほぼ一月ぶりに伊吹野訪問。

とは言え・・所用のついでということであまり時間もなく。

気になる場所だけを駆け足で2時間ほどまわりました。

セツブンソウは今を盛りに咲き誇っています。

c0194161_22201584.jpg


c0194161_22205523.jpg


この冬の寒さと積雪で開花も遅れたのでしょう、例年より長く楽しめたようです。

セツブンソウの咲く集落は保護柵と散策路が設置されて看板や寄金箱も置いてあり地域で自然保護に取り組まれている様子がうかがわれました。

畑の地主さんらしい女性が「今年は寒かったからまだキバナノアマナもニリンソウも咲いていないね」と探してくださいました。

「あまり過保護にせずに自然のままでもいいんやけど・・」とおっしゃったのが印象的でした。
あまりにも有名になってしまった野草自生地。
土地の人々の想いもさまざまなようですが
「またいつでもゆっくりきとくれやす」の優しいお言葉に「またすぐにお邪魔します」と頭を下げてお暇しました。

c0194161_2221302.jpg


c0194161_2221533.jpg


林下のスハマソウ、農道のアズマイチゲ、そしてこの日一番のお目当てはアオイスミレでした。

c0194161_22222093.jpg


c0194161_22251913.jpg



雪が解けた伊吹野に遅い春がやってきたようです。
[PR]
by c-nkns | 2011-03-25 22:25 | いろいろ | Comments(2)

スミレが咲いた

昨日はぽかぽかと暖かく春らしいお天気でいつもは車でいくJAまで夫と歩いて買い物に行きました。ガソリンが不足気味で価格も上昇中、節約になるほどの距離でもないのですが乗り物があてにならない時は自分の足だけが頼りです。歩きなれておくのも大事かと思います。

私はもちろんエコバッグ+カメラ持参で途中夫が借りている畑を見たり同じ地主さんから借りている畑のお仲間とお話したりとJAにたどり着くまでの寄り道も楽しいものです。

地元産の野菜や果物を買って帰りは別の農道でスミレを探しました。
毎年ノジスミレをチェックする場所です。

c0194161_21132015.jpg


荷物が重くて夫はさっさと先に帰っちゃいました。わかってましたけど・・。

ノジスミレはまだ数株でしたが相変わらずホトケノザやナズナ、オオイヌノフグリは暖かな陽だまりでニコニコ元気に咲いています。

c0194161_21134558.jpg


c0194161_2114419.jpg


キュウリグサもかわいいですね。

c0194161_21142157.jpg


咲き始めのこの花を見ると生まれたての赤ちゃんを思い出します。
そこでまた被災地を想いました。

避難所で暮らす小さな子供たち、新しく生まれた赤ちゃん、どうか元気に大きく育っていっぱい頑張ったお母さんを助けてください。

c0194161_2117873.jpg

[PR]
by c-nkns | 2011-03-20 21:18 | いろいろ | Comments(4)

記しておこう・・

11日、霊山山麓のフクジュソウやバイカオウレンが見たくて知人に案内していただけることになりました。午前中は山に入って午後からは知人も出展しているユキワリソウ展を見るために湖南の草津市に着いたのが2時ころでした。

旧霊山村
c0194161_2282460.jpg


c0194161_2291650.jpg


山野草愛好家によって丹精された鉢植えのスプリングエフェメラルを見て写真を撮っているときめまいを起こしたかと思わず座り込んだら地震であることがわかりました。
館内放送と直後にTVの津波映像を見て信じがたい惨状に大急ぎで帰ることにしました。

車のラジオで津波の様子を聞きながら娘二人の無事を確かめ、夫に無事を知らせてふと外を見ると琵琶湖が静かに輝いています。湖岸道路を走っていたのです。琵琶湖が海に見えてその静けさが不気味に思えて知人の運転に感謝しつつも早く帰りたいと気が焦ります。

彦根インターで知人と別れて羽嶋インターを経てやく1時間で自宅ですがついついスピードが出ます。帰宅したら次女は出かけていました。
こんなときくらい家にいればよいものを・・と思いつつ自分も遠出していたわけですからなんとも言えません。

12日は保存食や防災用品をチェックし朝一番に買い出しに行き3日分の食料と水、日用品などを用意しました。

3日目13日もどこへも出かける気にもなれず、かといって一日中震災のニュースを見ているのも辛くて2時間ほど庭仕事に集中しました。

c0194161_22294833.jpg

普通に暮らすことがこんなにも申し訳なく後ろめたいものだと感じたことがありませんでした

4日目、関東では計画停電が始まり東京に住む長女が懐中電灯やろうそくが品薄で手に入らないとのことで乾電池やガスボンベなどと一緒に送りました。

午後からは陶芸教室に行きラジオを聴きながら黙々とロクロを回しました。

地震発生の日に撮った早春の野の花を複雑な想いで見ています。
c0194161_22142926.jpg

c0194161_2262949.jpg


もうそこまでやって来ていたはずの春を見ずに亡くなってしまった多くの方々に心からご冥福をお祈り申し上げます。
どこかでまだ救助を待っている方が早く助け出されることを祈ります。

被災者の皆さん心からお見舞い申し上げます。
どうかお体を大事にして乗り切って生き延びてください。
今はそう祈ることしかできません。
[PR]
by c-nkns | 2011-03-14 22:14 | いろいろ | Comments(2)

焦ることないのに・・

もう雪は解けたかな・・・と2週間前にも出かけた飛騨の里山はまだ残雪に閉ざされていました。

ザゼンソウもフクジュソウもオウレンもまだこの雪の下。

c0194161_2142175.jpg


美濃はいち早く咲いたセツブンソウはもう満開をすぎた状態で日照時間の少ない斜面はまだ芽も出ていません。日差しや気温に敏感なスプリングエフェメラルたちはこちらの想いにはお構いなしです。

雪解けが進んだ場所でわずかにオウレンとフクジュソウだけが眠りから覚めて迎えてくれました。

c0194161_21454037.jpg


c0194161_21455854.jpg


C-NA地方の平野ではヒメオドリコソウやホトケノザが陽だまりでぬくぬくとさいています。

c0194161_21491763.jpg


c0194161_21493074.jpg


もうすぐオオイヌフグリがコバルトブルーの絨毯を広げます。

c0194161_21494972.jpg


今年の春はゆっくりとやってきました。
焦ることはないのですが・・・スミレ、タンポポ、キンポウゲ・・・待たれます。
[PR]
by c-nkns | 2011-03-06 21:51 | いろいろ | Comments(0)