日々の暮らしの雑感を書き留めておこうと思います。


by c-nkns
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2010年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ギンナンごはん

週末に隣町の銀杏祭りにでかけました。
家から歩きで堤防沿いに夫と二人てくてく・・・。
普段は車で走るだけの町道をゆっくり抜けて屋並みを歩くと民家の前に菊の花が真っ盛りののプランターの横に植えられたばかりのパンジーの鉢。
お祭りから帰ってくる親子連れか、子供の手には風船のひもが握りしめられています。
おばあさんが乗った車いすを押すおじいさん。
風もなくのどかな小春日和でした。
c0194161_22525256.jpg


c0194161_22531444.jpg


普段はきれいともいえない日光川にも銀杏の黄色が映り込んでカモたちが遊んでいます。

c0194161_22543273.jpg


c0194161_22551743.jpg


町は金色

c0194161_2256080.jpg


お昼にお祭りの屋台でぎんなんいりのうどんをいただきました。

あまりぎんなんの味はしませんでしたが・・・。

箱入りや袋入りのぎんなんがたくさん売られています。

少ない家族には量が多すぎて迷った末に買わずにいたら昨日両手いっぱい、粒ぞろいのぎんなんをいただきました。

さっそく今日の夕飯はぎんなんごはんです。

白米2合、もち米1合にギンナン1合。

お水は3合分にお塩ちょっぴりで炊きます。

もっちりした銀杏の食感にほんのり塩味がよく合います。

c0194161_2342458.jpg


茶碗蒸しやてんぷら、おでんなどにも良いようですが私はごはんの他には割れ目をいれてフライパンで炒ったのが好きです。
紙袋にいれてレンジでチンすると簡単ですが気をつけないと爆発します。
[PR]
by c-nkns | 2010-11-29 23:07 | 料理 | Comments(6)

秋のバラ

華やかな6月のバラと違い、晩秋に咲くバラは蕾から開花まで

時間をかけてゆっくりと開花します。

c0194161_23153753.jpg


日差しは優しく日中と夜の気温差が作用するのか色が深くしっとりと大人びた感じです。

稲沢市の稲沢公園には小さなバラ園があります。

c0194161_2316079.jpg


近すぎてなかなかいかない場所でしたがお隣には稲沢市出身の洋画家、荻須高徳画伯の

記念美術館があり、こんもりとした緑に囲まれた一角で市民の憩いの場となっています。

ちょっと立ち寄ってみました。

c0194161_23162861.jpg


木立の中ではヒヨドリが賑やかでしたが園内の水辺ではコサギが物静かにたたずんでいました。

c0194161_23182347.jpg


c0194161_23184462.jpg


サルスベリやハナノキ、モミジ、マンサクなどの木々がそれぞれに色づいていました。
[PR]
by c-nkns | 2010-11-20 23:20 | いろいろ | Comments(6)

連柿の里

16日は朝から快晴、お掃除も洗濯も布団干しもしたかったけれどやっぱり出かけました。
お隣の奥さんを誘って山県市伊自良地区に行くことにしました。


c0194161_754830.jpg

里山に囲まれたのどかな集落は干し柿の産地。
農家の軒下には簾のようにかけられた干し柿が秋の陽に輝いています。

c0194161_7543830.jpg


集落の奥には伊自良湖という周囲3キロほどの池があります。

c0194161_7564085.jpg


c0194161_757192.jpg


c0194161_7574135.jpg


山の縁には点々と冬イチゴの実が紅く色づいています。

c0194161_7584627.jpg


c0194161_844925.jpg


c0194161_85576.jpg



風のない暖かな日、ヨメナやお茶の花なども観察しながら池をゆっくり散策して畔でお弁当を食べているとよく慣れたカモたちがおねだりに集まってきます。

c0194161_805363.jpg


少しだけ・・摘み取った冬イチゴは今リビングの窓に。
[PR]
by c-nkns | 2010-11-19 08:07 | いろいろ | Comments(2)

深まる秋の色

花教室の作品です。

自然界とちがって栽培の切り花はこの時期から春にかけて多くの花材が
花屋さんに並びますが蔓ものや紅葉したり実をつけている枝ものも魅力的な
素材です。
ツルウメモドキやニシキギを花器に絡ませて
シックな色合いの花を合わせました
c0194161_21302488.jpg


c0194161_21363430.jpg


c0194161_21364781.jpg


同じような花材でも作る人の思いで個性が出て表情もちがってきます。
見る側の目や見る角度によってもまたちがいます。

作品の周りをぐるりと眺めて楽しめる形です。

窓に置いたのはツワブキの花束を蔓の手のついた花器にいれました。

c0194161_21412970.jpg


おトイレには人形のお香立ての横に寒菊とセイタカアワダチソウのおちびさんです。

庭や農道から摘み取る花もいよいよ少なくなってきました。
c0194161_21443070.jpg

[PR]
by c-nkns | 2010-11-16 21:45 | 花遊び | Comments(0)

初冬の越中五箇山

富山の友人に会いに仲間と車を4台連ねて出かけたのは子供たちがまだ幼稚園に通っていたはるか昔のこと。
そのころは東海北陸道もなく国道156号線を北上してとことこ6時間ほどかけて途中御母衣ダムや五箇山を経て砺波平野へと向かいました。
今はとても便利になりましたが家族ぐるみのお付き合いが今も続いている仲間たちとの思いで深い
コースです。
今日は白川郷から折り返して国道へ降りるつもりでしたが高速道路の看板の”五箇山まで37キロ”
という表示を見て「五箇山まで行っちゃえー」ということになりました。
人と車でにぎわう白川郷を見下ろして北上すること20分ほどで五箇山ICです。
下道をさらに奥へ進めて相倉合掌集落へはいりました。

c0194161_23135030.jpg


c0194161_23142334.jpg


こちらも駐車場はほぼ満車でしたが谷あいのひなびた集落には初冬の静けさが漂っていて訪れた観光客もゆったりと散策を楽しんでいました。

c0194161_23151841.jpg

紅葉は少し色あせて銀杏はなぜか中途半端に落葉していました。帰りは下道を蛭ヶ野まではしり氷見漁港から毎週土曜日に届く魚を見てフクラギ(ぶりの子)とスルメイカを買って夕食はお刺身でした。

c0194161_23161117.jpg

合掌造りの家に住むワンコ

c0194161_23172066.jpg

[PR]
by c-nkns | 2010-11-13 23:17 | いろいろ | Comments(2)

蔓を使った器


津島市文化展に出展した作品です。

アケビやツヅラの蔓がまとまって手に入ったので

焼き物にも使ってみました。

対の大皿はたたらを厚く作っておいて真ん中からバネを伸ばしたワイヤーで
カットして模様を作りました。

釉薬は鉄赤と白萩
c0194161_21433798.jpg

c0194161_21523710.jpg

シンプルな手つきの花器

c0194161_21441597.jpg


蔓で巻きたかったけど固定する場所を作るのを忘れてしまいました。
溝を彫りこんで厚みを緩和しましたが釉薬は失敗。
c0194161_21443279.jpg

[PR]
by c-nkns | 2010-11-05 21:53 | 陶芸 | Comments(4)