日々の暮らしの雑感を書き留めておこうと思います。


by c-nkns
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2010年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

伊吹山

伊吹山でボランティア活動に参加するようになって4年目、微力ながらボランティアの他にエコツアーガイドもさせて頂いています。
お花畑もトップシーズンのピークにはいりメタカラコウやシシウド、シモツケソウ、クガイソウ、コオニユリなどなど全山に所狭しと咲き乱れています。

c0194161_20392029.jpg


今日はとても嬉しい出来事が一つ。
長野県からのパーティーを案内中でしたが西遊歩道で女性から声をかけられました。

「昨年あなたのガイドでお世話になりました。
もう一度このお花畑が見たくてやってきました、ありがとうございました」

こんなこともあるのですね。
九州宮崎からの再訪だそうで、昨年も今年もまだまだ駆け出しの修行中の身ですが
ガイドをやっていてつくづく良かったと感激と同時に一言一句おろそかに出来ない仕事だと
心が引き締まる思いです。
「こちらこそ覚えていて下さってありがとうございます。また是非、何度でもいらしてください」
と短い言葉を交わして仕事に戻りました。

c0194161_20395794.jpg


今日のお客様も無事にお見送りしてホッとしています。
また再び来てくださるでしょうか・・・「来て良かった」と思って頂ける時間を作ることが出来たかどうか
ずいぶん後になってわかるかもしれません。
いろんな地方のたくさんの人に逢えるガイド活動はまだまだ秋口まで続きます。

c0194161_20402322.jpg

[PR]
by c-nkns | 2010-07-31 20:41 | いろいろ | Comments(2)

今年も乗鞍へ

昨年は花のピークを少し過ぎた頃にでかけた乗鞍畳平へ再訪。

夜明けと共に家を出てほうのき平からバスで9時前に到着。
c0194161_1094278.jpg


c0194161_10102417.jpg



c0194161_101058100.jpg


c0194161_1012971.jpg



c0194161_10124278.jpg

イワカガミやバイカオウレンはピークを過ぎてハクサンイチゲをはじめ、クロユリやヨツバシオガマ、ミヤマキンポウゲ、ミヤマダイコンソウなど咲き始めた」夏の花が総出で出迎えてくれました。
畳平も肩の小屋も人人人、大雪渓では若者がボードや夏スキーを楽しんでいます。

c0194161_10132510.jpg


なんと言っても心を奪われたのは高山植物の女王コマクサです。
岩場のそこここに愛らしいピンクの花が点在しています。
快晴の空に映える雪渓や池の爽やかなこと。
冷涼な風に下界の猛暑を忘れた数時間でした。
[PR]
by c-nkns | 2010-07-25 10:13 | いろいろ | Comments(6)

夏物いろいろ

暑くて暑くて何をしていても集中力がとぎれがちですが
陶芸教室は冷暖房完備で電動ロクロに向かっていると短い時間で
一気に作品が仕上がるのでこのところヒマさえあれば工房に通っています。先月はお茶碗や浅鉢に絵付けをしてみました。
トンボにホタル、ツユクサなど・・・。

紙に書くときと土に書くのではタッチが全く違うので顔料の濃さや筆の運びも回を重ねて手で覚えます。

c0194161_1119466.jpg


c0194161_1120079.jpg


c0194161_11204823.jpg


知人に頼まれた山野草用の鉢も作り始めました。

通気とか、花とのバランスとかいろいろ難しいのでまだまだ試作です。

c0194161_11233118.jpg
c0194161_11234458.jpg

そんな至福の時も今日まで


今週末からはほとんど伊吹山います。
[PR]
by c-nkns | 2010-07-23 11:24 | 陶芸 | Comments(0)

雨の訪問者

知人に紹介されたお客様を2日間伊吹山をご案内することになりました。
1日目は山頂のお花畑、2日目は3合目の予定でしたが
折しも梅雨明け前の悪天候が続きコースを変えて最悪、山頂は断念かと判断を迷いながら関ヶ原で初対面のご挨拶をしながら皆さんの重装備を見てついつい「だめ元で上がって見ますか?」「はい!!」と全員一致で山頂行きが即決しました。

c0194161_23504096.jpg

西遊歩道から頂上ピストンでミヤマコアザミやイブキトラノオ、ホタルブクロなどを観察します。
そぼ降る雨、時折吹き上げる風などものともせずにまるで晴れてる日と同じように
「まーきれい」「あら可愛い・・」と見る花見る花に歓声をあげ、ゆっくりと歩きながら一つ一つ丁寧に見て下さいました。「だって私たち伊吹山に来たんだもの、山はそのときそのとき楽しまなきゃ」・・と私が日頃思っている事と同じ思いであることがわかって気持ちがスッと楽になりました。
各地で大雨警報が出て被害も出ている中で危険なことは極力避けて山小屋で休憩の後はまた西遊歩道から下山しました。
c0194161_23471339.jpg


c0194161_23485143.jpg

2日目は雨の高速を降りて伊吹へ入ったら次第に晴れて奇跡の晴天です。
急遽草刈りに上がられるM先生にガイドをお願いしたら快く2時間もつきあって下さいました。
スキー場から森の隅々まで丹念に案内して帰りは登山道を下りました。
c0194161_23475255.jpg


午後1時半頃、数組の登山者が山頂から下山される中、今から上がる女性3名に呼び止められて
山頂までの時間を聞かれました。「2時間半はかかりますよ、お天気も不安定だし早めに降りられた方が」とお答えすると「今日は下の民宿で泊まるから大丈夫、それより途中で何か食べるところってありますう??ー」
の言葉に私もお客様も一瞬言葉が止まりましたが「ここは登山道ですからそんなものありません」
今は5合目の売店も開いてないかも・・。
こんな時間に登って食料も持ってない??・・・と一同不思議な物を見るように見送って気がかりではありましたが私たちも空模様がおかしくなってきたので先を急ぎました。
パラパラと降られた程度で麓まで無事にたどり着きました。
こんな日にしては登山者も多く大事には至らなかったとは思いますが無茶はいけません。
[PR]
by c-nkns | 2010-07-15 23:51 | いろいろ | Comments(0)

近況

梅雨明け前の嵐が続いています。

11日は伊吹山で今年初めてのエコツアーガイドでした。
お客様は毎年恒例で来山される富山県の旅行者のご一行様で
今年で3年、5回目の担当となり8月にはもう一度来山されます。
添乗員さんはもうおなじみですがお客様の中にもリピーターがあり
「また来ました」とお声をかけて下さいます。
ご縁があって山で出会いお付き合いが続いていくのはとてもありがたいことです。
雨の中でしたが露をたっぷりと含んで瑞々しく咲くイブキトラノオやカラマツソウなど
雨の日ならではの花の姿を楽しんで頂きました。

今日は体を休めて明日からのガイドに備えようと思いましたが車庫の雨樋から挽いた水がたくさんたまっていたので家中のごみバケツや庭に置いてあった花の水揚げ用の桶を洗いました。
どれもこれも使い込んだ物ばかりですからピカピカというわけにも行きませんが雨の日にこんな洗い物をするのも案外サッパリとして良い気分転換になりました。

止み間には草取りをしたり宿根草の植え替えをしたりと梅雨時には庭仕事もいろいろあります。
日除けの蔓ものがやっと延びてきて梅雨明けにはちゃんと日除けになりそうです。

明日のお客様はプライベートですが友人から紹介された初対面のグループです。
天候不良で山が無理なら湖北の古寺などいかがですか・・・ということで渡岸寺の十一面観音像を
見学してこようと考えています。
今年もまた一つ新しい出会いが生まれそうです。

c0194161_2342867.jpg


画像は庭で少しずつ成長しているカマキリ君です。
[PR]
by c-nkns | 2010-07-13 23:05 | Comments(4)

雨に香る満開のササユリ

もう一度ササユリを見たくて・・

香りのある花には雨の日や夕暮れ時に香りが強くなるものがあります。
ササユリもそんな野草のようです。
美濃の里山には地域で大事に守られている群生地があります。
c0194161_204697.jpg


c0194161_20463029.jpg

色の濃淡にも変化があり何輪もの花を付けた大株やまだ一輪だけの小さな株が一斉に里山を彩ります。

c0194161_2047980.jpg


c0194161_20475456.jpg

終日雨の予報でしたがあえて出かけました。
この花には雨粒がとてもよく似合うと思います。
[PR]
by c-nkns | 2010-07-03 20:48 | いろいろ | Comments(8)