日々の暮らしの雑感を書き留めておこうと思います。


by c-nkns
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2009年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

黄金色の街

鮮やかな黄色に晩秋の斜光が射して金色に輝く街。
ここは稲沢市祖父江町、銀杏の町です。
名鉄尾西線は一宮と津島を結ぶローカル線でほぼ中間にあたる山崎駅の周辺は銀杏畑が最も多く
線路の両側を大木の銀杏の木が覆い尽くすように林立しています。

c0194161_18232830.jpg


農家の庭には必ず銀杏の大木が植えてあり路地裏にはいるとどこを見ても黄色いトンネルになっています。
冬は伊吹山から吹いてくる風よけになり夏は木陰をつくり家を守っています。

c0194161_18271582.jpg


c0194161_1827449.jpg


c0194161_1828813.jpg


広大なギンナンの収穫をしやすいように樹形を整えられた大木が並んで実が落ちたあとは
黄金色の絨毯になります。

今日は路地を歩いているうちに民家の庭先に迷い込んでしまいました。
大きさ別に分けられたギンナンが袋に入れられてご主人が「キロ500円だけどいらんかね・・」
オマケに1キロ以上も入れて下さって思わず「買います」

今日はギンナンご飯です。

陽がだんだん傾いて絨毯もいっそう輝きます。

c0194161_1834215.jpg


c0194161_18345965.jpg


昨日までのギンナン祭りが終わってもなお散策する人、カメラマンが目立ちます。
若いカップルも・・。

c0194161_18372519.jpg


集落から少し出ると平野が開けて農道からは伊吹山も見えるのです。
c0194161_1839369.jpg


ちょっと立ち寄っただけのつもりが2時間も歩いていました。

今週いっぱいは楽しめそうです。
[PR]
by c-nkns | 2009-11-30 18:40 | いろいろ | Comments(4)

冬鳥の季節

バードウォッチングが趣味と言うわけではないのですが
生き物全般の動きは見ていて飽きないのです。
野草の撮影に出かけては猫や犬、昆虫などのオマケが花以上に
魅力的なポーズを取ってくれることもあります。
とりわけ野鳥は飛んだり跳ねたり泳いだり潜ったり大げんかを始めたり
なかなか目が離せないオマケです。

ミコアイサ
c0194161_2301926.jpg


カンムリカイツブリ
c0194161_2311924.jpg


カイツブリ
c0194161_2314871.jpg


昨日は滋賀県米原市の三島池に紅葉狩りをかねて野鳥の観察をしてきました。
マガモやオナガガモなどおなじみの顔ぶれに混じってパンダガモとも言われるミコアイサや
カンムリカイツブリ、カイツブリなど珍しい鳥も見られました。
[PR]
by c-nkns | 2009-11-25 23:02 | いろいろ | Comments(4)

秋の庭から

花の少ないこの季節は小さなパンジーやビオラ、ハーブなども切り花になります。
出窓にもトイレにもガラスに入れたプチアレンジ。

c0194161_23295655.jpg

リンゴのクーヘンにはドウダンの小枝を添えて。

c0194161_23304232.jpg

今日の花遊びは秋色のブーケでした。
寒さに当って色濃くくすんだアジサイをベースにバラのローテローゼや
パレオなどを合わせてシランの葉で茎をくるみました。
最近フィギュアスケートなどの表彰台で選手に渡されるブーケもこんな形をしています。

c0194161_23314345.jpg

[PR]
by c-nkns | 2009-11-19 23:32 | 花遊び | Comments(2)

ダムに咲くヤマハハコ


友人と二人徳山ダムまで紅葉ドライブでした。
渓流沿いの山道は両側を紅葉に挟まれてどこまでも続く色のトンネルです。


揖斐川を北上して山また山の奥深く入った場所に作られたコンクリートの塊は
想像していた以上に巨大な施設でした。

c0194161_22285530.jpg



c0194161_22455029.jpg

圧倒されながらもダム湖の前を歩いてみるとロック材の隙間にはヤマハハコが根付いて
晩秋の風に揺れています。
ダムの底に沈んだこの地が自然豊かな静かな山里だったことをそっと教えてくれました。



c0194161_22443263.jpg


c0194161_22444967.jpg



こんな場所にこんな物がという想いを抱きながらまた紅葉の中を帰路につきました。

c0194161_2246377.jpg

[PR]
by c-nkns | 2009-11-14 22:46 | いろいろ | Comments(6)

小春日和

晩秋とは思えないうららかな日。
農道脇の草むらは春と秋が同居しています。

c0194161_21282380.jpg


c0194161_21292430.jpg


c0194161_21295293.jpg


イヌタデやハキダメギクがおしやられたようにホトケノザやナズナが咲き誇り
モンシロチョウが飛んでいます。

c0194161_2131124.jpg



c0194161_21314135.jpg

ほんの数本のマツバウンランも遠慮がちに佇んでいるのにも驚きました。

c0194161_21324931.jpg


木枯らしが吹いて霜が降りるまでのつかの間の”春”です。
[PR]
by c-nkns | 2009-11-10 21:33 | いろいろ | Comments(6)

飛騨美濃紅葉ドライブ

飛騨川や馬瀬川の紅葉が見たくてせせらぎ街道を北上しましたが清見まではあいにくの曇天でした。
目指すは岩屋ダムだったのですが実業団マラソンが開催されていてダムへの道は午後2時まで一般車両は入れてもらえませんでした。
ということは帰り道もかなり迂回して萩原、下呂、金山を回って峠越えで郡上八幡の街へ出ることになります。
紅葉も色あせていてちょっと期待はずれでしたが途中の渓流や人里の残り花、レトロな廃校などに足を止めては晩秋の飛騨路を楽しんできました。

c0194161_22184660.jpg


c0194161_2219895.jpg


c0194161_22192052.jpg


c0194161_22194562.jpg


c0194161_22195781.jpg


c0194161_222017100.jpg

[PR]
by c-nkns | 2009-11-09 22:21 | いろいろ | Comments(0)

カラスウリ

散歩に出て目をつけておいたカラスウリの実を持ち帰ってきました。

植木畑の、あまり手入れをされていない木々に絡まっています。

乾燥させて種が出来たら来年の日除けにしようと思います。

c0194161_23234799.jpg


日除けはオキナワスズメウリやフウセンカズラの種もとってあるのですが

カラスウリは深夜に咲く花の写真を撮りたいためです。

気温が下がって肌寒くなって来たこの頃窓でぬくぬくと日に当たっている

秋の実を見ていると少し温まったような気がします。

c0194161_2324324.jpg

[PR]
by c-nkns | 2009-11-06 23:24 | 花遊び | Comments(4)

野山の宝石


晩秋の野山を歩いていると野草はめっきりと少なくなって木の実や草の実が
色とりどりに楽しませてくれます。
草むらに落ちていたり、ブッシュに自由奔放に絡まっていたり

希少種の野草や樹木には手をだしませんがどこにでもありそうな蔓ものや
草の実や種を持ち帰ってもう一度飾る楽しみは子供の頃の摘み草遊びを思い出します。
野にあってこそ味わえる究極のお遊びです。
c0194161_13465647.jpg


庭で刈り取ったオキナワスズメウリも乾燥して種になるまでは窓の飾りになっています。

c0194161_13471031.jpg


色のグラデーションが美しいノブドウの実の中にビナンカズラの一粒を紛れ込ませたら
宝石箱をひっくり返したようなにぎやかさです。
[PR]
by c-nkns | 2009-11-03 13:58 | 花遊び | Comments(4)

忘れられた花

毎年咲いてから気が着くサフランです。
植えっぱなしの球根が忘れた頃に芽を出して庭がすっかり寂しくなった晩秋にポツリと咲きます。

c0194161_203426.jpg

タイワンホトトギスも勝手に咲いて勝手に散っていきます。
嫌いな花はないのですが手を掛けなくても咲いてくれる花はありがたい反面
忘れがちです。ゴメンネ。

c0194161_2032869.jpg

[PR]
by c-nkns | 2009-11-02 20:03 | | Comments(0)