日々の暮らしの雑感を書き留めておこうと思います。


by c-nkns
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2009年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

作品展

毎年恒例の作品展が始まりました
http://www.ne.jp/asahi/c-nkns/ys-mg/sakuhinten09-2.html
出展作品は選ぶほど数を作っていなかったので最近の作品から3店を出しました。

メダカを入れるつもりで作った桶型の器は浅すぎて花入れに使うことにしました。
山で採ってきた蔓で側面を締めて取っ手を作りました。

小さな花器も蔓を使いました。

花器と植木鉢は唐津釉、桶は御深井釉に白マットを部分的に吹き付けた物です。
c0194161_23172825.jpg
c0194161_23174686.jpg
c0194161_2318076.jpg

[PR]
by c-nkns | 2009-06-23 23:18 | 陶芸 | Comments(0)

夏の花材、夏の器

6月になると花も持ちが悪くなってきます。
花教室でアレンジしたらせめて1週間は持たせたい。
となるとオアシスではダメなんですね。
毎日水を替えることが出来る大きな壺か水盤かと頭を痛めます。
花も水揚げがよく新鮮でかつ、きりっと冴えた色合いの元気な花をと・・。
私、花屋さん泣かせかもしれません。
店先でキーパーをのぞき込んで花をにらみつけてしまいには腕組みして。
気が着けば横に店員さんが待って下さってます。ニコニコして。
「あ・・・いつもスミマセン」「いいえごゆっくり選んで下さい」
花屋修行の頃を思い出すなー。
「売るよりもやっぱ買う仕事をしたい」
「花をたくさん買って車に積んで走りたい」と夢見ていたあのころを。
売る方も買う方も大変だー・・・でも楽しいーと実感する今日この頃です。
c0194161_21401139.jpg


花材はフサスグリ、サンダーソニア、デルフィニュウム・ベラドンナ、アストランティア、アスター
ウンリュウヤナギ。

器は大きめのガラスのお皿に水を張って柳のリースで花止めを作って花を絡めました。
茎はすべて水に着くように差して直接吸い上げることが出来ます。

余った花やスグリの実を少し浮かべました。見た目も涼しげ・・でしょ?
[PR]
by c-nkns | 2009-06-16 21:44 | 花遊び | Comments(0)

梅干し

生協で注文した2Lサイズの南高梅4キロを塩漬けにしました。
家庭で漬ける梅干しの塩分は15%だと失敗が少ないそうです・・・が。
一昨年ネットの友達から頂いた梅干しの美味しかったこと。
分量を尋ねたら塩は梅の量の8%でした。
あの味に近づきたいのですが梅も高かったし冒険して失敗したら元も子もありません。
我慢して4キロに対し400gの粗塩で漬け込みました。

c0194161_20495286.jpg

青い梅を少し色づくまで2,3日おいて水に1時間ほどつけてアクを抜きます。
水分が乾くまでもう一度陽に当てます。

c0194161_20501743.jpg


c0194161_20503590.jpg

焼酎で消毒した容器に梅を並べて塩を振り入れて重ねて・・・を繰り返して5キロの重しを
乗せて塩が上がるのを待ちます。

c0194161_2051677.jpg


うまく上がりますように。
[PR]
by c-nkns | 2009-06-12 20:52 | 料理 | Comments(4)

朴葉寿司

毎年1,2度は作る朴葉寿司です。
飛騨地方では昔から農作業のお昼に朴の葉に包んだご飯にあり合わせの総菜をのせた簡単な
お弁当だったようです。道の駅などでは1個300円ほどで売られています。
葉っぱが大きくなってまだ柔らかい今の時期が適しています。

c0194161_22302815.jpg


今日の具材は山菜の佃煮と昆布、かまぼこ畑で取れたばかりの胡瓜と錦糸卵に紅ショウガです。

c0194161_22312876.jpg


20個出来て夕飯に食べて残りは明日のボランティア作業に持って行きます。

c0194161_2232399.jpg

葉っぱのフィトンチッドで抗菌作用があるので保存も利くし明日の方がきっと味が馴染んで美味しくなります。
[PR]
by c-nkns | 2009-06-08 22:32 | 料理 | Comments(2)