日々の暮らしの雑感を書き留めておこうと思います。


by c-nkns
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2009年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ヒュウガミズキ

まだ50cmほどの丈ですがよく花をつけてくれます。
我が家には一昨年庭の改装時に植えたハナミズキや万作、ヤマボウシなど植えたばかりの木が
なんとか育ってはいるのですが今年も花付きがよくありません。
3年目には咲くかなと来年に全部の木が花咲くのを期待しているのですが。
c0194161_2074180.jpg

[PR]
by c-nkns | 2009-03-25 20:08 | | Comments(4)

実のなる木

実のなる木をいろいろ植えていますが我が家で一番なじみ深い木は
ユスラウメです。
食べた後の種をまいても小鳥の落とし物ですよく発芽して3年ほどで実をつけます。
梅雨時に熟す真っ赤な実は可愛らしくてほんのり甘酸っぱく素朴な味ですが
果実酒にすると色も美しく香りの良いお酒になります。
花も見ての通り素朴です。
c0194161_2149343.jpg

[PR]
by c-nkns | 2009-03-24 21:50 | | Comments(2)

ルッコラ

つまみ野菜として欠かせないルッコラです。
サラダにも和え物にもつかいます。
秋に蒔いて成長して大株で冬越ししました。
これだけ大きくなると少し苦みが強くなるようで
夫は今日もルッコラだけお皿に残しました。
今は十字架のような花を咲かせていますがこの花も清楚な
感じがしてとても気に入っています。
c0194161_21322649.jpg

[PR]
by c-nkns | 2009-03-23 21:32 | | Comments(2)

やっと

今年は野の花の開花は早いのに我が家の庭はのんびりモードです。
なぜか苗の生長もいまいちで肥料の効きもよくないようです。
待っていたブルー系の花たちが少しずつ咲いてきました。

ワスレナグサ

c0194161_23454034.jpg


ベロニカ・オックスフォードはゴマノハグサ科でオオイヌノフグリに似ています。

c0194161_23473157.jpg


おなじみのムスカリはルリハコベと仲良く混植しています。
c0194161_23484329.jpg

[PR]
by c-nkns | 2009-03-21 23:49 | | Comments(0)

巣立ちの季節

今日はこの地域の小学校の卒業式でした。
昨夜は毎年注文を頂いているコサージュを生徒と先生の人数分を
作りました。
少子化で子供が少ないので一クラス分です。
花の仕入れから始まって水揚げをして花や葉っぱを小分けにカッティングのあとまた
水揚げをします。その間にワイヤーのテーピングとリボンを作っておきます。
花一輪、葉っぱ一枚ごとにワイヤリングしてテーピングのあと花と葉っぱを組み合わせて
テーピング、仕上げにリボンを付けて茎をカットしたら一つのコサージュができあがります。
結婚式用のブーケやブトニアなどもそうですが行程も技術もかなり細かい作業です。
私は修業時代からこの作業が大好きでした。
相手が瑞々しい生花であることと、できあがった後自分の手から離れて誰かの手に渡るときの
緊張感とその人の顔や後の花の行方をあれこれ想像しながら作っていると幸せな気分に浸っている
自分に気付くのです。
季節の流れの中で人々の喜びや悲しみと共にある花をいつも愛おしく思い、その時々に花を添えるお手伝いが出来てとても幸せな私です。

c0194161_20461787.jpg

今日卒業した皆さんおめでとうございます。

c0194161_20463837.jpg


c0194161_2047022.jpg

[PR]
by c-nkns | 2009-03-19 20:47 | 花遊び | Comments(4)

タコパー

2号がたこ焼きパーティーをすると言ってお友達と買い物に行って
自分たちで始めました。
お料理らしいことは何もしたことがなく包丁もあまり持ったことのない子ですが
キャベツはお友達、タコは彼女が切ったようです。
粉と水と山芋の分量がわからないということで我が家の鉄板係(夫)の出番です。
他に入れるのは小さなサイコロに切ったお餅とチーズ
たこをまず穴に入れてから具を混ぜた粉を流します。
上から醤油を垂らしてしみこませて所々焦げるのがミソ。

c0194161_21142141.jpg


c0194161_21145124.jpg


c0194161_21151366.jpg


ソースは好きな人だけ食べるときに付けます。
最期には父も母も手を出し口をだしみんなでワイワイ頂きました。
[PR]
by c-nkns | 2009-03-16 21:17 | 料理 | Comments(2)

混在する草たち

共生ともいいますか・・こぼれ種をそのままにしておくと
力の強い植物とそうでもない植物が混在して勝手に小さな景色を作っていきます。
その中にはナズナやホトケノザなど一般的には雑草と呼ばれる草も混ざり込んで
地位を主張しています。手抜きと言えば手抜きですが
子育てにも人生そのものにも共通する処世術のようなものを
この小さな景色に見ています。
弱者は弱者なりに何かを主張して知恵を絞って生きていかねば。
強者ばかり見上げても強くなれるとは限りません。
c0194161_2058452.jpg


頑張れ・・・。
[PR]
by c-nkns | 2009-03-12 21:02 | | Comments(4)

春の黄色

ミモザもそうですがは黄色い花が目に着きます。
無意識に温かい色を求めているのでしょうか
庭木で早く咲くのも万作やサンシュユ、トサミズキなどがありますね。
畑の白菜を片づける前に蕾を少し食べたのですが少し残してカップに
さして置いたらここ数日窓を飾ってくれています。
c0194161_21542564.jpg


こちらもあわい黄色のシロモジです。
郡上の道の駅で買ったときはまだ蕾でしたが次々と開いてきました。

c0194161_21555935.jpg


庭でもキズイセンが咲き始めました。
c0194161_21571389.jpg


今日は冬に戻ったような冷え込みでした。
体調を崩しやすい季節です。気をつけましょう。
[PR]
by c-nkns | 2009-03-11 21:57 | 花遊び | Comments(0)

ミモザ

ご近所の庭のシンボルツリーはこのミモザ。
通りかかったらちょうど剪定中で「よろしかったらどうぞ」と言われて
遠慮無く頂戴しました。
毎年この時期に咲いて温かな黄色で当たりが急に明るくなります。

一抱えもあるミモザの束をお気に入りの信楽の花器にそのまま
ざっくりと入れました。
部屋の中もぱーっと明るく、暖かくなりました。
c0194161_21554471.jpg

[PR]
by c-nkns | 2009-03-10 21:55 | 花遊び | Comments(4)

苺のお菓子

苺が安きときにお砂糖でたくさん煮詰めてストックしておくと便利です。
ムースやゼリーに、生クリームに混ぜるだけで苺クリームに
凍らせて砕いたら美味しいシャーベットになります。
久しぶりにスポンジを焼いてイチゴショートにしました。
中には苺と生クリーム、ホールのセンターにはムースを敷いておくと
食感には少し変化がでます。
お菓子はあまり食べないのですが苺系には弱い私です。
c0194161_19561492.jpg

[PR]
by c-nkns | 2009-03-08 19:56 | 料理 | Comments(0)