日々の暮らしの雑感を書き留めておこうと思います。


by c-nkns
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:道具( 4 )

いただきもの

これはなんでしょう?!
とっても嬉しいものいただいちゃいました。

c0194161_20184164.jpg


「押し寿司器」です。

先日国府宮はだか祭のお宿にお呼ばれでツクシと桜の花漬けと菜花を押した春の押しずしを差し入れに持って行っら思いのほか好評でした。

c0194161_20264065.jpg


何かのイベントがあれば我が家はお寿司が定番です。
この地方では法事やお祝い事があるとモロコの押しずしが定番でこの押し寿司器は地元の民家では一軒に一つは常備してある暮らしの道具になっていますが我が家には小さな箱型が一つあるだけでかねてから5段式のものがほしかったのですがなかなか高価なものだと聞いていたので具体的には考えてもいませんでした。
我が家のはこれです。
かわいいでしょ(笑)
c0194161_20342395.jpg

そんな話をしていたら「うちにあるからあげる、ほとんど作らないから・・・」とあっさりとプレゼントしてくださったのです。
よほど長く使いこまれたものらしくてところどころすり減っているし5つあったはずの箱が一つ行方不明とかで4段になっています。
もう使いたくてうずうず・・・(笑)
で、本日めでたく今年2回目のツクシのお寿司を作ってみました。

c0194161_20352487.jpg


c0194161_20422635.jpg


c0194161_20423631.jpg


一箱に寿司飯2合は入るので5合炊きの我が家の炊飯器では1回に2箱ぶんしかできないけど2段は空箱で重ねて見ました。

残りの1合分は小さい箱型でしあげました。

ネットで値段を調べたらこの5段式の押し寿司器はなんと16800円もするのです。

明日はもういちどお寿司を作ってくださった方にお礼に持って伺おうと思います。
この素晴らしい道具は今後C-NA家の家宝となり季節ごとにキッチンで活躍することになります。
この次はしっかり4段のお寿司をつくります。
[PR]
by c-nkns | 2015-03-10 20:42 | 道具 | Comments(2)

新調


長年使い込んだリュックに穴が開き、ベルトが切れて名残惜しくお別れしました。

地も靴は2年で底が半分ほどにすり減って伊吹山のガレ道では危なくなってきました。
靴底は張り替えられるタイプなのですが縫い目も敗れて雨の日にはしみてしまいます。
こちらもお別れ・・・お世話になりました。

今日は新しい靴とリュックで出かけてみました。
機能もデザインも進化したリュックは使いやすく背負い心地もまずまずです。
と足首までサポートできる厚底の靴はしっくりなじんで山頂の東遊歩道の悪路もスイスイ歩けました。
古い靴の傷みようがよくわかりました。
これからこの靴路リュックがしばらく山のお供となります。

c0194161_22573835.jpg

[PR]
by c-nkns | 2012-08-22 22:57 | 道具 | Comments(4)

プレゼント

昨年庭で育てたカモミールをお茶にして友人にすすめたらすっかりお気に入りで今度は自分で育ててみる・・ということになり種をまいて今スクスク育っているようです。

そんな友人にカモミールをもっと美味しく楽しんでいただこうと思いポットに被せるカバーをプレゼントしました。温めたポットにお茶を入れてこのカバーをかけてさらに2,3分蒸らせば香りがよく出て一段と美味しくなるのです。

c0194161_16565181.jpg


c0194161_1657725.jpg


私もいくつかカバーを持っていてティータイムに使っています。
カモミールがお茶になるのは初夏ですが紅茶にももちろん使えるので寒さがまだ続きそうな春先まで活躍しそうです。

贈り物の楽しみは送る側が幸せになれること。
箱を開けるときの友人の顔を思い浮かべたり、そのあとのティータイムを想像したり。

今回は市販のお気に入りのハーブティーと家で焼いたパウンドケーキを添えて送ったら

「さっそく家族でいただきました」というメールが届きました。

我が家のカモミールもこの寒さの中ですくすく育っています。

強健な植物で香りはリンゴににています。
体を温め、鎮静と安眠の作用があるので風邪ひきなどにもよく効きます。

この冬は寒波が繰り返しやってきます。

暖かな春が待たれますね。ご自愛ください。
[PR]
by c-nkns | 2012-02-18 16:59 | 道具 | Comments(4)

模様替え

以前からパソコン周りが片づかずに何か良い方法はないかと家具を探したり配置換えをしてみたりしたのですが”私サイズ”の家具は作るしかないと・・・。

兄の顔が思い浮かびました。
私と4つ違いの兄は一本立ちの大工、昔からの言葉で言えば棟りょうということになります。

突然電話に驚いた様子もなくいつもひょうひょうとして変わりない声に安心して
お願い事をしました。
「図面を見てみるから送ってみろ・・」
とのことでパソコンやプリンター、faxなどのスペースを重点に採寸をしてとりあえず手書きの設計図を
近所に住む友達がCADで仕上げてくれました。
1月初めにお願いしてから兄は対馬産のヒノキの丸太を選んで切り出し、乾燥させて加工して
出来上がったのは3月末でした。

こちらで組み立てるばかりになった大きな板の束が3つ届きました。

組み立てて下さったのは製図してくれた友達の息子さんで彼もまた大工さんです。

とても手際良く取りかかって2時間もたたぬうちに2つの棚が組上がりました。


c0194161_1549126.jpg
c0194161_15492230.jpg


私が思い描いていたよりも使いやすく仕上がっていて無垢材の香りがまだ新しく漂っています。
私サイズのオリジナル、それも故郷の木の香りがする真新し家具に気分も上々です。
兄と友人と息子さんと対馬の桧さんに感謝です。


ここからまた皆さんに私の暮らしの記・・・伝えていきます。
[PR]
by c-nkns | 2010-04-05 15:51 | 道具 | Comments(12)